レアルのエース・ロナウド photo/Getty Images

写真拡大

レアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドほど貪欲な選手が過去にいただろうか。ロナウドはマンチェスター・ユナイテッドとレアル・マドリードで数多くのタイトルを獲得し、バロンドールも4度受賞している。欠けているものはほとんどなく、あるとしてもワールドカップのタイトルくらいのものだろう。

すでに年齢も32歳となり、普通の選手なら満足してしまうかもしれない。しかしロナウドはいつでもモチベーションが高く、タイトルに飢えている。英『FourFourTwo』によると、ロナウドは長いシーズンを戦ううえでタイトルを獲得できないのは許せないそうで、チームとしても個人としてもタイトル獲得を何よりの目標としていることを明かしている。

「ピッチの中で最も重要なのはタイトルだよ。僕たちは10、11か月のシーズンを戦うわけで、それで何も勝ち取れないなんて空しいよ。僕はタイトルを獲得するのが好きだ。チームとしても、個人としてもね。そのために僕はハードワークするんだ」

ロナウドは今季もリーグ戦、チャンピオンズリーグ、さらに翌年のロシアワールドカップでは頂点を狙ってくるだろう。その異常なまでのモチベーションこそがリオネル・メッシとともに世界最高の選手の座にいられる理由だ。