動画:レノボ、Star Wars ジェダイ・チャレンジCEATECで体験。税別3万800円、10月中旬予約スタート
Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。CEATEC JAPAN 2017のレノボ・ジャパン ブースにて、スマホを使ったVRゲーム「Star Wars ジェダイ・チャレンジ」を体験してきました。



本システムは、スマホと接続して使用するLenovo Mirage AR ヘッドセット、ライトセーバー・コントローラー、トラッキング・ビーコンの3点と、専用スマホアプリで構成されます。

ヘッドセットには透明な反射板が斜めについていて、現実の視界にスマホのVR画面が重なって表示されます。単純に重ねて表示するだけなのでARとは言えないと思います。さらにモーション・トラッキング・カメラが左右に2つ搭載されており、トラッキング・ビーコンを検出して距離や方向をトラッキングしてくれます。



3つのコンテンツ「ライトセーバー・バトル」「戦略バトル」「ホロチェス」が選べ、目の前の空間でStar Warsの世界を楽しむことができます。

実際にプレイしてみるとヘッドセットはやや重く感じましたが、完全に視界を覆っていないので実世界が見えている安心感はあります。

ちょっと残念なのが、ライトセーバーの持ち手が短く、刀の様に両手で持ちづらかったこと。さらに左手に小さなマーカー(ビーコン)を装着してフォースを使えたらもっと楽しそうだと感じました。

製品は10月中旬より予約を開始し、11月中旬の出荷を予定しているとのこと。価格は税別3万800円。(Web直販レノボショッピング価格)

12月にはエピソード8の公開も控えているので、今冬はStar Warsで盛り上がれそうです。

【ギャラリー】Star Wars ジェダイ・チャレンジCEATEC (5枚)