インテル、“トップ下候補”パストーレ獲得に約39億円を用意…今冬獲得へ

写真拡大

 インテルが、パリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表MFハビエル・パストーレの獲得に向けて、3000万ユーロ(約39億6000万円)を用意していることが分かった。スペインメディア『El Gol Digital』が3日に報じた。

 パストーレに関しては、アトレティコ・マドリードも獲得を画策しているものと見られているが、インテルは先手を打って、具体的なオファーをパリ・サンジェルマンに提示するものと報じられている。

 ルチアーノ・スパレッティ監督は現有戦力の中からクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾヴィッチやポルトガル代表MFジョアン・マリオなどをトップ下のポジションで試験的に起用しているが、十分に納得するような解決策を見出すには至ってないようだ。

 現時点でパストーレのほか、アーセナルのドイツ代表MFメスト・エジルも筆頭候補に浮上。今冬の移籍市場で、トップ下を主戦場とする選手の獲得に動くことになると予想されている。