夏に浴びた紫外線。そのままにしておくと、気づいたら顔の目立つ部分を中心に“シミ”ができている!、ということはないでしょうか?

夏に浴びた紫外線をリセットするためにも、美白ケアはとっても重要です。
ところが、美白コスメを使っていてもただ塗るだけでは×。美白コスメが持つ100%のパワーを発揮できない可能性もあるからです。美白で重要なことは“アイテム(成分)の選び方”以外にも、“美白コスメをつける前の準備”、“効果的な塗り方”があります。
今回は、シミ撃退のカギを握る美白コスメについて、1分で手軽にできる効果的な浸透テクを伝授します。

美白コスメの効果を高める1分浸透テク1:プレ美白ケア

実は、美白コスメをつける前の準備として、事前に行なうべきケアがあるんです。コレをしっかり行っておくことで、美白ケアがより効果的に。

浸透を高める準備

お風呂で温まった後は、肌がやわらかく血行がよくなっているので、成分が浸透しやすくなります。ホットタオル後もおすすめです。

浸透を高める角質ケア

肌の余分な角質を取り除いてから美白美容液を塗れば、浸透力も格段にアップ。ただし、肌に必要なものまで奪い去ってしまうことがあるので、週1回以下に。

<コスメコンシェルジュ厳選!秋でも使える肌に優しい角質ケアアイテム>

・エテュセ ピーリングミルク 125ml 1300円
ピーリングでは肌が乾燥しやすくなるのが一般的ですが、これはセルロース配合で薄い肌でも使いやすく保湿しながらピーリングできるミルクタイプ。プチプラながらコスパ抜群。

 

エテュセ ピーリングミルク 125ml 1300円

・ハリウッド オーキッド 酵素パックセット マスク50g・ピックアップクリーム100g 2800円
たっぷり保湿できるクリームの中に酵素パウダーを混ぜてパックするアイテム。酵素による角質ケアとクリームによる高保湿が同時にかないます。

ハリウッド オーキッド 酵素パックセット マスク50g・ピックアップクリーム100g 2800円

美白コスメの効果を高める1分浸透テク2:美白美容液の塗り方
1)気になるところにやさしく美容液をなじませる

優しくタッチ。

それぞれのシミに合った美白美容液を指先に規定量とり、気になるところに指の腹を使ってやさしくなじませるように塗っていきます。

2)ハンドプレスして美容液を重ね塗り

重ね塗りを。

両手のひらを10回ほどこすり合わせて温め、美容液を塗った部分にそっと置いて5秒キープ。しっかりハンドプレスしたら、同じ部分に美容液をもう一度塗り、再びハンドプレスを。重ね塗りで美白効果がアップ。

<コスメコンシェルジュ厳選!夏に浴びた紫外線をリセットする美白アイテム>

夏に浴びた紫外線で肌に微弱炎症が続きメラニンが生成されシミになることが考えられます。この時期は炎症を抑える抗炎症効果もあり、同時に乾燥ケアもできる美白ケアがおすすめです。

・HAKU メラノディープオイル 15mL 3132円(10月21日発売 数量限定) 
炎症を抑える効果もある美白有効成分「トラネキサム酸」を配合。
オイルによる保湿効果でお肌もしっとり。

HAKU メラノディープオイル 15mL 3132円(10月21日発売 数量限定)

・トランシーノ 薬用ホワイトニングフェイシャルマスク 20mL×4枚
炎症を抑える効果もある美白有効成分「トラネキサム酸」を配合。美容液をたっぷり染み込む層とサラサラの表面層がある特殊生地。集中ケアにおすすめのマスク。

トランシーノ 薬用ホワイトニングフェイシャルマスク 20mL×4枚

※引用文献:「コスメのプロが毎朝、実践する1分メイク&1分スキンケア」/小西さやか著

「コスメのプロが毎朝、実践する1分メイク&1分スキンケア」



■賢人のまとめ
日焼けが気になる時期に使うことが増える美白コスメ。効果的な使い方を覚えておくと、シミのケアに役立ちます。

■プロフィール

オフィス美容の賢人 小西さやか

コスメコンシェルジュ。化粧品の研究や開発に携わってきたスペシャリスト。
現在は、一般社団法人日本化粧品検定協会を設立。
代表理事として、美容コラムの執筆、日本流行色の選定、メイクアップトレンドカラー本の監修を行っている。
最新著書「99%のクチコミは間違っている?! 勘違いだらけのコスメ神話」が2014年1月17日発売。
可愛くなりたいと頑張る女子こそハマってる!?コスメに関する意外な「勘違い」を一問一答形式で解説します!

「99%のクチコミは間違っている?! 勘違いだらけのコスメ神話」 http://www.amazon.co.jp/dp/493828054X/

小西さやかオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/panntyann1/

2014年5月開催「日本化粧品検定」HP:http://www.cosme-ken.org/