2015年のフランクフルトモーターショーで披露された4代目ルノー・メガーヌ。日本では10月4日に発表され、11月9日から発売されます。

新型ルノー・メガーヌは、ルノー・日産アライアンスの「CMF(Common Module Family)」のC/Dプラットフォームを使ったCセグメントモデル。

ボディサイズは、ハッチバックが全長4395×全幅1815×全高1435mm、ホイールベースが2670mm。ワゴンであるスポーツ・ツアラーGTは全長4635×全幅1815×全高1450mm、ホイールベースは2710mm。

3代目の「ハッチバック ゼン」は全長4325×全幅1810×全高1460mmで、ホイールベースは2640mmですから、全高をのぞき、ひと回り大きくなっています。

欧州Cセグメントといえば、自他ともにベンチマークと認める王者フォルクスワーゲン・ゴルフが「7.5世代」といわれる進化を遂げていて、フランス勢ではプジョー308やシトロエンC4、DS4、そのほかBMW1シリーズ、アウディA3、アルファ ロメオ・ジュリエッタ、ボルボV40などまさに多士済々といった面々が揃っています。

エクステリアは先代よりもダイナミックになり、より個性が際立つバランスのとれたプロポーションが特徴。ボディサイドは彫刻的な造形で、ルノーデザインを象徴する官能性を表現したとしています。ボディ下部とボンネットには、前に向かって集まる緊張感のある繊細なラインが走り、ダイナミックな印象が強調されています。

インテリアは、7インチフル カラーTFTメーターや7インチマルチファンクションタッチスクリーン、マルチメディアシステムの「R-Link2」などで、高い操作性を実現するなど、機能的な仕上がり。

注目のエンジンは「GT」、「スポーツ・ツアラーGT」が最高出力205psを誇る1.6Lの直噴ターボ。「GT-Line」が132psを発生する1.2L直噴ターボで、トランスミッションはいずれも電子制御式7速AT(7EDC)が組み合わされます。

走りの面の注目ポイントは、前後輪すべてを操舵させる「4 コントロールシステム(GT、スポーツ・ツアラーGT)」の採用。

ワインディングなどでのコーナリング性能を大きく向上させることで、新たなドライビングプレジャーを提供するとしています。その一方で、この「4 コントロール」は、最小回転半径を小さくできることから街中での取り回し性も向上する利点もあり、どういったフィーリングに仕上げられているか非常に気になります。

安全装備も先代から大きく進化を遂げていて、先進安全技術の「ルノー運転支援システム」は、12 個のセンサー(GT、スポーツ・ツアラーGT)と、2 つのカメラ、ミリ波レーダーにより車両の周囲 360°の情報を解析。具体的には、「車間距離警報」、「エマージェンシーブレーキサポート(30km/hから約140km/h)」、「車線逸脱警報(約70km/h)」、「後側方車両検知警報」、「オートハイ/ロービーム」、駐車支援の「イージーパーキングアシスト」が用意されます。

積載性だけでなく、居住性も重視するならもちろん、ワゴンのスポーツ・ツアラーGTをチョイスしたいところ。後席のニースペースは216mmと、Cセグメントトップレベルの広さ。リヤシートの背もたれの傾斜角は 27°で、長距離ドライブでも快適な姿勢を保つことができるとしています。

さらに、ラゲッジルームも広大で、後席使用時でも 580L(VDA)と十分な容量が確保され、6:4 分割可倒式リヤシートをフルフラットの状態にすると、1,695L(VDA)まで拡張。また、2 枚のラゲッジボードでラゲッジスペースを上下・前後に分割し、多様な大きさの荷物を収納することが可能です。

気になる価格は「ルノー メガーヌ GT-Line」が2,630,000円、「ルノー メガーヌ GT」が3,340,000円、「ルノー メガーヌ スポーツ・ツアラー GT」が3,540,000円です。

(塚田勝弘)

【新車】4輪操舵を採用、安全性も大幅に向上した新型ルノー・メガーヌ 11月9日から日本発売(http://clicccar.com/2017/10/04/517746/)