負傷離脱しているGKマヌエル・ノイアー【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間5日に2018年ロシアW杯欧州予選の試合が行われ、首位のドイツ代表は2位の北アイルランド代表とアウェイで対戦する。この試合を終えた後は残り1試合となるため、引き分け以上でドイツのW杯出場が決まる。ただ、大一番を前に不安要素も浮上した。

 今年9月、バイエルン・ミュンヘンの練習中にドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが負傷し長期離脱。代表通算74試合に出場し、2014年W杯優勝も経験している“精神的支柱”を失うことになった。また、負傷中のFWマリオ・ゴメス、負傷から復帰のメスト・エジルも招集されていない。

 選手層の厚さから見れば、北アイルランド戦を勝利で終える可能性は高いと言えるだろう。ただ、北アイルランドはチェコ戦、サンマリノ戦、アゼルバイジャン戦の2試合、ノルウェー戦の合計5試合を無失点で切り抜け連勝を続けている。ホームでは無類の強さを発揮しているチームだけに、全勝中のドイツとしても侮れない相手となりそうだ。

text by 編集部