ブラジル大会後は気持ちの整理をつけるのに時間を要した長友佑都【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

主力が相次いで厳しい状況に陥ったブラジル大会

 2018FIFAワールドカップ・ロシア大会のアジア予選を勝ち抜き、本大会への出場権を獲得した日本代表。W杯までに残された期間をどのように過ごすべきなのだろうか。2014年ブラジル大会で1分2敗と悔しさを味わった長友佑都、香川真司は、4年前の経験を踏まえてロシアでのリベンジを誓う。(取材・文:元川悦子)

----------

 2018年ロシアワールドカップ本番に向け、重要なテストの場となる10月のニュージーランド(6日=豊田)・ハイチ(10日=横浜)2連戦。それに向け1日から愛知県内で強化合宿に入っていた日本代表だが、3日目の3日になってようやく24人全員が揃った。

 その矢先に、原口元気(ヘルタ)が左太もも裏に張りを訴え、練習を回避するアクシデントが発生。常日頃から「日本人はケガが多すぎる」と口癖のように話しているヴァイッド・ハリルホジッチ監督も厳しい表情を浮かべたが、本番までの9ヶ月間にはさらなる負傷やコンディション不良に見舞われる選手が出る可能性もゼロではない。それを視野に入れながら、チーム強化を進めていく必要があるだろう。

 アルベルト・ザッケローニ監督が指揮を執ったブラジルワールドカップ前1年間を振り返ってみても、2014年に入ってから長谷部と内田篤人(ウニオン・ベルリン)が長期離脱し、香川真司(ドルトムント)がマンチェスター・ユナイテッドでシーズン無得点という苦境にあえいだ。

 吉田麻也(サウサンプトン)も出場機会を大きく減らし、遠藤保仁(G大阪)もパフォーマンスの低下が懸念された。そして本大会では1分2敗・グループ最下位に終わった。

 自身は13-14シーズン通してインテルで活躍し、直近の2014年2月のフィオレンティーナ戦でコロンビア代表のファン・クアドラード(ユベントス)を完封するなど、大きな自信を得て本番に挑んだ長友佑都も世界の壁の高さを痛感。男泣きする羽目になった。その後、気持ちの整理をつけるのに1年以上の時間を要したほど、落胆は大きかった。

「ブラジルの前は力んでましたよね、完全に(苦笑)」(長友佑都)

「ブラジルの前は力んでましたよね、完全に(苦笑)。先ばかり見て、すごいジャンプして飛ぼうとしてた。飛んでいきたいくらいの気持ちでしたよね。でもそんなに物事は簡単にはいかない。

しっかり足元を固めないとうまくいかなくなった時に崩れるのが早い。土台の部分がどれだけ大事なのかっていうのが、あの4年間で学んだ部分。ロシアも目指してますけど、まずは強い一歩を踏まないと、そこにはたどり着けない」

 あと3試合で100キャップに到達する31歳のベテランサイドバックは「着実な歩み」の重要性を改めて強調していた。

 ご存知の通り、ザック監督は主力固定の傾向が極めて強く、毎回のように同じメンバーを使っていた。2013年10月のセルビア(ノヴィサド)・ベラルーシ(ジョジナ)2連戦でようやく大迫勇也(ケルン)や森重真人(FC東京)、山口蛍(C大阪)ら新戦力をレギュラーチームで使い始めたが、結果的には付け焼刃にしかならなかった。その4年前に比べると、ハリルホジッチ監督はコンディションのいい選手を年齢に関係なく大胆起用する面があり、この1年間で世代交代も劇的に進んだ。

 とはいえ、肝心なのはここから先。指揮官が「第3段階」と位置付ける9ヶ月間である。そこで井手口陽介(G大阪)を筆頭に若い力が一気に台頭するのか、実績ある選手が復権を果たすのかが大きな関心事になる。

「結局は個人個人のレベルがアップしていかないといけないと思うんで。監督もこうやって新しい選手を呼んで刺激を与えて、チャンスも与えているんで、今まで代表にいた選手も危機感を持っている。すごいギラギラしたものがチーム全体、1人1人からも感じられている」と長友は競争激化を大いに歓迎した。

「あの時はまだ24〜25歳で、まだまだ未熟だった部分も沢山あった」(香川真司)

 熾烈な争いを制したタフで逞しい選手でなければ、大舞台で堂々と戦い抜くことができないのは確か。今回の代表2連戦のようなチャンスを生かし、1つ1つの過程を大事にすることが、前回と同じ失敗を回避するカギと言っていい。

 サッカースタイルにしても、8月31日のオーストラリア戦(埼玉)で実践したデュエルを前面に押し出す形を突き詰めるのに徹するのか、ボール支配時間も作って幅を広げることにトライするのか、判断が分かれるところ。香川は後者にも取り組んでいく必要性があると考えている様子だ。

「僕たちがボールを支配する中での課題が明確に出ている分、そこに対してどれだけトライできるか。(この10月2連戦では)そこを特に重視してやっていけたらと思ってます。(9月26日のUEFAチャンピオンズリーグでの)レアル(マドリー)戦でも、僕らが主導権握れると分かっていても一歩引いちゃったりとかがある世界だった。それはやらないと分からないこと。自分はそういう経験含めて代表に還元していきたい」と背番号10をつける男は言う。

 実際、11月に対戦するブラジルやベルギーに一方的に回されてしまったら、失点してしまう可能性が高くなる。状況に応じた戦い方の変化という日本代表が最も苦手とする部分に挑んでいかなければ、ブラジル大会のリベンジは果たせない。その課題をクリアした時、日本はメンタル的な部分で一段階レベルアップできるのかもしれない。

「4年前の自分を振り返ってみると、あの時はまだ24〜25歳で、まだまだ未熟だった部分も沢山あった。ブラジルでの経験を得たこともあって、今、自分自身のメンタル的なところがすごく安定していると感じる」と香川は神妙な面持ちで口にしていたが、チーム全体がどんな逆境に直面しても冷静さを維持し、的確なアクションを取れるようになれば、ロシア本大会でも期待できる集団になれるはず。

 前回の屈辱を体験している両ベテランの意見も参考にしながら、ハリルホジッチ監督には今回の2連戦で「第3段階」の方向性を示してほしい。

(取材・文:元川悦子)

text by 元川悦子