イングランド代表のハリー・ケイン【写真:Getty Images】

写真拡大

 かつてイングランド代表を率いた経験があるロイ・ホジソン氏が、同代表のFWハリー・ケインについて言及し、キャプテンに就任するべきではないとの見解を示した。3日に英紙『スカイ・スポーツ』が報じている。

 今年8月、これまでイングランド代表のキャプテンを務めてきた31歳のFWウェイン・ルーニーが代表引退を表明。そのため、次期キャプテンが誰になるのか注目が集まっている。ケインもキャプテン候補の一人だ。

 ただ、ホジソン氏は「彼はゴールを決め、攻撃に専念することだけを望んでいるだろう」とし「ケインに余計な責任を負わせるかどうかを決めるのはガレス・サウスゲート監督次第だ。イングランド代表のキャプテンはメディア対応やPR活動など大きな負担がかかる」と語り、余計な負担を負わせるべきではないとの見解を示している。責任感が大きくなると、得点やアシストなど攻撃姿勢に影響が出る可能性があると考えているようだ。

text by 編集部