J2湘南、たった11秒で得点!電光石火の超ゴールを見たか

写真拡大

先週末に行われたJ2第35節。

Shonan BMW スタジアム平塚で行われた湘南ベルマーレ対ツエーゲン金沢戦では、電光石火のゴールが生まれた。

キックオフから数えることわずか11秒…

右サイドでボールを持った藤田征也が菊地俊介とのワンツーで抜け出しクロスを送ると、ここに山田直輝が走り込んでシュート!

ボールはジャストミートこそしなかったものの、相手GKの頭上を上手く越えていきネットを揺らした。キックオフから11秒でのゴールは、今季のJリーグでは最速のものとなる。

試合後、ゴールした山田は「シュートは気持ちで入った感じでしたけど、入ってくれて良かったです」とコメント。

また、金沢の柳下正明監督も「トップを走っているチームに開始何十秒でね、プレゼントして残り90分ゲームをやるのは難しいところもありました」と振り返っている。

J2で首位を走る湘南はこの試合にも4-2と勝利し、2位アビスパ福岡との勝点差を「10」とした。

※画像は『DAZN』の許諾を得て使用しています