「肉みそうどん」 レタスクラブニュースより/プロ料理家:みないきぬこ 撮影:千葉充

写真拡大

古くから日本人に愛され続けているうどん。きつねやたぬき、月見など、さまざまなバリエーションで味わえるのも嬉しいですよね。今回は肉みそうどん5選をご紹介。自家製肉みその豊かな風味や香りを楽しみましょう。手軽に食べられるので、忙しいランチ時はぜひ参考にしてくださいね。

ほかにもいっぱい!「うどんのレシピ」をチェック!

■ 【肉みそうどん】(431Kcal、塩分2.9g、調理時間10分)

<材料・2人分>

肉みそ(豚ひき肉 100g、しょうがのみじん切り 小さじ1、だし汁 70ml、酒、みりん、みそ 各大さじ1と1/2、片栗粉 大さじ1/2、しょうゆ、砂糖 各小さじ1)、しめじ 1パック(約100g)、小松菜 1/2わ、冷凍うどん 2玉

<作り方>

1. 耐熱ボウルに肉みその材料を入れて混ぜ合わせ、ラップをかけて電子レンジで約3分30秒加熱する。いったん取り出して全体をよく混ぜ、再びラップをかけて約1分加熱する。取り出してよく混ぜ合わせる。肉みそを電子レンジで調理するとき、加熱むらができないように、いったん取り出してかき混ぜる。

2. しめじは小房に分け、小松菜は4cm長さに切る。鍋にたっぷりの湯を沸かし、冷凍うどん、しめじ、小松菜を入れてゆでる。うどんがほぐれて再び沸騰したらざるにあけ、湯をきる。

3. 2を器に盛り、1をかける。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

肉みそは電子レンジで調理するスピードメニューです。しめじと小松菜もうどんと一緒に煮ることで時短に。鍋にたっぷりの湯を沸かしてゆで上げるのが、おいしいうどんを作るポイントですよ。

■ 【肉みそ担担(タンタン)うどん】

豆乳を入れることでまろやかになり、コクが出ます。分離しやすいので、加熱しすぎには要注意。

■ 【肉しょうがみそのっけうどん】

おろししょうがは調味のタイミングで加えます。火を通しすぎないようにすると、ピリッと辛みがきいた仕上がりに。

■ 【なす肉みそうどん】

いちょう切りにしたなすでボリュームアップ。肉みそをうどんによく絡めて、ジャージャー麵風にいただきましょう。

■ 【肉みそのっけうどん】

こってり濃厚な「定番肉そぼろ」が味の決め手。定番肉そぼろは、しっかり冷まして保存容器に入れれば冷蔵庫で5〜7日保存できます。

うどんは生のものだと消費期限が短く、「気づいたら期限が切れていた!」なんてことも。冷凍のものだと賞味期限が長く調理しやすいので、ストックしておくと便利ですよ。