「さんまの炊き込みご飯」 レタスクラブニュースより/プロ料理家:脇雅世 撮影:広瀬貴子

写真拡大

落語「目黒のさんま」では、お殿様も思わず虜になったほど味わい深いさんま。冷凍ものは1年を通して出回っていますが、旬の時期は新鮮な生さんまの味を堪能したいですよね。今回は、秋ならではのさんまご飯5選をご紹介。先にグリルで焼いてからご飯と合わせるので、こうばしい香りも楽しめますよ。

ほかにもいっぱい!「さんまのレシピ」をチェック!

■ 【さんまの炊き込みご飯】(543Kcal、塩分1.9g)

<材料・2〜3人分>

米 2合、さんま 1尾、紅しょうが 20g、万能ねぎの小口切り 1/3束分、塩、しょうゆ

<作り方>

1. 米は洗ってざるに上げ、15〜20分おく。紅しょうがは汁けをきって粗く刻む。

2. さんまは、はらわたを残したまま長さを半分に切り、塩小さじ1/3をふって約10分おき、魚焼きグリルで5〜6分焼いて返し、さらに3〜4分、こんがりするまで焼く。

3. 炊飯器に米、水1と1/2カップ、しょうゆ小さじ2を入れてひと混ぜし、2のさんまをのせて普通に炊く。さんまは、はらわたを除かなくてOK。半分に切ってこんがり焼いてから炊飯器へ。

4. 炊き上がったらさんまを取り出して頭、尾、骨を取り除き、身をほぐして戻し入れる。万能ねぎ、紅しょうがを加えてざっと混ぜる。

焼いたさんまと、紅しょうがのさわやかな香りがベストマッチ。万能ねぎが彩りを添えます。骨を取り除いて身をほぐすというひと手間をかけて、食べやすく。

■ 【さんまとごぼうの炊き込みご飯】

酒とみりん、しょうゆで作る「コレ1本だれ」が大活躍します。炊く時に加えれば、じんわりと和のおいしさを感じられる味に。

■ 【さんまめし】

食材の色を損なわないうす口しょうゆを使用。昆布から出ただしもさんまの味を引き立てています。

■ 【こうばしさんまご飯】

しょうがや万能ねぎといった薬味をたっぷり入れて風味アップ。お好みで器に盛ってから白いりごまをかけましょう。

■ 【焼きさんまご飯】

白いご飯に香味野菜と焼きさんまを混ぜ込みます。すだちを絞れば、さっぱりとした仕上がりに。

さんまのおいしさは何よりも“脂”。焼きすぎると脂が全部落ちてしまい、パサパサの身になってしまいます。焼き上がりの目安は表面にまんべんなく焦げ目がつくことなので、参考にしてくださいね。