人々の悩みをフォトショップで解決するのは、James Fridman。確かにリクエストに対して応えてはいるかもしれないれど、どこかズレている。悪ノリしている感じは、確信犯。テンポのいい漫才を見ているような気さえする。

ま、笑っちゃってください!

#1 
「子どもっぽさをなくしたい」
 

一気に老けたね。

#2
「プラスチック製のものを
  取り除いて」

取り除く部分が違うよ!

#3
「彼女の目を閉じるように」

確かに閉じてはいるけど、そうじゃないでしょ。

#4
「私の顔を彼氏より小さくして」

いじるのそっちじゃない。

#5
「私の彼をリッチにして」

どう考えても、名前の話ではないでしょうが。

#6
「一人ぼっちに見えないように」

♫ You Are Not Alone(君は一人じゃないよ)〜マイコー!そうじゃないって。

#7
「お尻を加えて」

そっちじゃない! ※Assは、「ロバ」のスラングの意。

#8
「私を白い服の女の子に
 向くようにして」

真ん中の女の子は、顔を向けたがってんでしょ。

#9
「プロポーズしている
 感じはヤメて」

その解決策、絶対に彼女は望んでないよ!

#10
「お父さんより背を高くして」

男の子、泣いちゃうよ。

#11
「コーヒーで一杯にして」

彼女が望んでるのは、グラスの中だけだから。

#12
「ガチョウと闘っている
  ようにして」

闘ってんじゃなく、完全に負けてるよね。

#13
「僕の顔をモデルに
  つけかえて」

その比率、間違ってるよ!

James、いい加減にしなさい(笑)!

彼のセンスとフォトショップの技術は見習うべき…なわけない!けど、彼のTwitterではここでは紹介できないほどたくさんの作品があるので、気になるならチェックしてみて。

あなたもJamesに解決してもらい写真があったら送ってみましょ。

Licensed material used with permission by James Fridman