北村弁護士の「命をかけた裁判」をドラマ化!本業での素顔に迫る

写真拡大

東野幸治がMC、川田裕美がアシスタントを務める『1周回って知らない話』(日本テレビ系、毎週水曜19:00〜)。10月4日放送の「平野レミと行列弁護士軍団 本職を徹底追及SP」に、北村晴男弁護士、菊地幸夫弁護士、本村健太郎弁護士がゲスト出演。テレビ番組ではあまり見せることのない、弁護士としての素顔が明らかになる。

同番組は、テレビで当たり前になりすぎて、今さら誰も聞かないが故に、“今どきの視聴者”が知らないことを本人に直接聞いていく“新感覚芸能バラエティ”。「そもそも何者?」「なぜ芸能界で恐れられているの?」「一体何がすごかったの?」「結局何がしたいの?」「なぜ結婚しないのか?」など、失礼にも聞こえる今どきの視聴者の疑問を本人にスタジオでぶつけていく。

『行列のできる法律相談所』で長年“最強弁護士軍団”と活躍している3人に対して、今どきの視聴者たちからは「テレビばかり出ているけどちゃんと弁護士の仕事をしているの?」という質問が寄せられる。そこで、彼らの本業である弁護士としての仕事ぶりを大公開。

まずは、北村弁護士の新オフィスにテレビ番組が初潜入。ピリピリムードが漂うものの、娘との食事に同行すると豹変し、常に笑顔が耐えない父親の顔をのぞかせる。朝からスケジュールがびっしりの菊地弁護士は、「弁護士は儲かるのか?」という気になる相談料事情を告白する。そして、俳優としてドラマにも出演している本村弁護士は、海外企業との仕事が多いとのことで入国管理局へ。密着中にも外国人から電話がかかってきて、ペラペラの英語を話す本村弁護士に対し、東野が「一人コントでしょ?」と疑ってかかる一幕も。

そんな中、『行列』の放送開始時から出演している北村弁護士は、意外にも8回目の挑戦で司法試験に受かった苦労人だというエピソードが飛び出す。また、北村弁護士はかつて、勝率2割と言われた勝ち目のない医療裁判に挑んだことがあるそうで、番組では「命をかけたその裁判」を完全ドラマ化。そこで起こったとある奇跡と、弁護士としての生きがいについて北村弁護士が真摯に語る。

このほか、1周回った疑問を解決するコーナーでは、相撲界をピックアップ。ぺえ親子が訪ねた地方巡業では、横綱・日馬富士や大関・皸臓¬やし系として人気の千代丸をはじめとした人気知力士が続々と登場。さらに、ベテラン人気力士・嘉風関の休日にも密着。髷に浴衣姿で妻、2人の子どもたちと大型ショッピングモールに出かける貴重な姿は必見だ。