50m走

写真拡大 (全3枚)

 懐かしい〜なんて言っていられない。“あの頃”は簡単にできたことでも、今はイメージ通りに体が動かない。日本女子体育大学で、懐かしの50m走や反復横跳びなどで体力年齢を判定する「オトナのスポーツテスト」(読売新聞社)が11月12日開催される。

 厚生労働省による国民健康に関する調査では、1回 30 分以上の運動を週2回以上、これを1年以上続けている「運動習慣がある」人は、20代の男女では12.7%、30代16.6%、40代19.5%、50代24.6%、60代37.5%。20〜40代の8割以上が「運動習慣がない」のだ。そこで、運動不足になりがちな大人を対象に、子どもの頃に経験した懐かしい「体力測定」をイベント感覚で楽しもうという企画。

 文部科学省の「新体力テスト実施要綱(20〜64歳対象)」に定められている握力、上体起こし、長座体前屈、反復横とび、立ち幅とび、急歩に、50m走を加えた計7項目の記録を測定し、参加者の体力年齢を判定する。元日本代表のスポーツ選手やモデル、ミス日本など、日頃、運動やフィットネスに積極的に取り組んでいる多彩なゲストを迎えて、トークショーやピラティス教室なども開催。エントリー受付は株式会社スポーツワンの募集サイトで実施中。さて、あなたの体力はいかに?