ブルース・スプリングスティーン「トム・ペティのいない世界はより悲しい場所に」

写真拡大

トム・ペティが急逝し、音楽界は深い悲しみに包まれている。追悼の言葉はあとを絶たず、ブルース・スプリングスティーンは「長らく行方のわからなかった兄弟」のような存在だった彼がいなくなり「僕らの世界はより悲しい場所になる」と、その死を惜しんだ。

◆トム・ペティ追悼メッセージ

「ここEストリートで、僕らはトム・ペティの死に衝撃を受け、悲しみに打ちひしがれている。彼の家族とバンド・メイトのことを想う。僕はずっと彼の音楽に深く共感してきた。素晴らしいソングライターでパフォーマー、会うといつも、長らく行方のわからなかった兄弟に出くわしたように感じてた。彼なくして、僕らの世界はいっそう悲しい場所になるだろう」

また、トラヴェリング・ウィルベリーズで活動を共にしたジェフ・リンは「トム・ペティは僕が知る中で最高にクールな奴だった」、クイーンのブライアン・メイは「トム・ペティの訃報は衝撃でとても悲しい。RIP」、ポール・マッカートニーは「親愛なるトムへ 彼が亡くなったと聞き、とても悲しい。彼はすごく素敵で、知的で、才能のある人だった。彼の家族へ愛を」と、追悼の言葉を残した。

コールドプレイは、ペティが亡くなった10月2日(月曜日)米ポートランドで開いた公演の冒頭で、黙祷を捧げたあと、元R.E.M.のピーター・バック(G)をゲストに迎え、「Free Fallin'」をパフォーマンスしたという。

自宅で心停止の状態で発見されたペティは、蘇生はならず、病院で家族やバンド・メイト、友人に囲まれる中、安らかに息を引き取ったと伝えられている。先週までツアーを行なっていたばかり。まだ66歳だった。

Ako Suzuki