『子育てビフォーアフター』より

写真拡大

妊娠中に、「子どもを産んだら…」と想像していたことと、実際に産んでみてからの生活って、「思ってたのと違うー!」って叫びたくなることの連続だったりしませんか?

『色気は分娩台に置いてきました。』 爆笑必至の「ママの日常」に共感続出!

「こんなはずじゃなかった」「もっとこうしたいのに」「子どもってこんなに思い通りにならないの!?」など、理想と現実のギャップに悩むママも多いのでは。

そんな子育ての「ビフォー」と「アフター」のギャップを描いてTwitterで人気の漫画が、コミックエッセイ『子育てビフォーアフター』として発売されました。

今回は、そんな「ビフォーアフター」を現在進行系で更新している作者の吉川景都さんに、漫画にも描かれている娘・えっちゃんとの「思ってたのと違う!」な毎日についてお話を伺いました。

子どもを産んでもこうはならない!と思っていたのに…

――Twitterで描かれていた漫画がこうして1冊の書籍としてまとまったわけですが、反響はいかがですか?

吉川景都さん(以下、吉川)「Twitterでは最初に描いたものがRT数などは一番多くて、それ以降はジワジワとフォロワーさんが増えてのんびり続きを描いている…という感じです。

コミックスになった際に、ご夫婦や家族で読んでくださってるとか、出産したばかりのお友達にすすめてくださったという方もいて、本当にうれしく思いました」

――乳幼児を子育てしながら漫画を描くというのは、子どもを保育園に入れる前だととても大変だったかと思うんですが、どのように時間を確保して描いていたのですか?

吉川「もともと月刊誌の連載があって保育園に入ったのが六カ月からで早かったのと、ビフォーアフターについては下書きやネタ出しみたいな作業がなくていきなり描いているので、これ自体には時間がかかっていません。時間を確保したというよりは、隙間でできる形に作業のほうを寄せていったみたいな感じです(笑)。

それでもそもそもの仕事は遅いほうなので、通常の漫画仕事の締切が大変なときは編集さんに平謝りで日にちをずらしていただいたり、夫に助けてもらったりと、周りに本当に助けられています…」

――特に産前「ぜったいに子どもを産んでもこうはならない!」と思っていたことが崩れた一番の出来事といったら、なんですか?

吉川「そもそも自分のことを「ママ」って呼ばないと思ってたんですよね…!

「私は私であってママは役職名である」と思っていたので、「ママが先に行っちゃうよ!」とか「ママとお風呂入ろ〜」とか、自分は絶対言わないと思ってたんですが、いつのまにか言ってましたね…。私の母が言う人でもなかったので、ホントこれは謎ですね…」

今も「一番可愛い」MAX期は更新され続けています

――漫画内にもある「鬼さんが来たぞ〜」と鬼の真似をするなど、子どもがいないと「照れちゃって無理」ということは多いと思いますが、他にもそういう「自分にはできないと思っていたことができた!」ということはありますか?

吉川「別の漫画にもありますが、えっちゃんのほうから「おにやって」「ばいきんまんやって」と役を振られるので、もうなんの迷いも照れもなくやってます(笑)。

役によってキャラが変わらないのはおかしい…と思って、それなりに設定や口癖を考えてみたり、内容が複雑になってきました。妙に複雑な設定を出すと、えっちゃんには不評ですが…」

――何歳になっても「今が一番可愛い時期ね」と言われる、という描写がありましたが、「現在進行系でえっちゃんの可愛さMAX期は続いていますか?(笑)

吉川「MAX期が更新され続けるというのは予想外で嬉しかったです!

最初は頼りなく守ってあげたい可愛さがあって、そこから今は自分の意志で「ママすき」とか言ってきますからね…。「えっまじで?! 私も好きですけど?!!」みたいになります(笑)。

Twitterでリプをくださる方の中にはもうお子さんが中高生〜成人の方もいるのですが、「どんなに大きくなってもそこは変わらない」と言われたので今後の成長と変化も楽しみにしています」

――漫画内でも「母はああ言ってたけど本当だったな」と実感する様子がたびたび描かれていますよね。改めて親のすごさをかみしめるようなことはありますか?

吉川「母が思春期の頃、進路に悩んで元気をなくしていたら祖母が何も言わず海を見に連れて行ってくれたことがあって、それが本当にうれしかったから、私たち娘にもそうしてあげたいと常々言っていて、実際海ではなかったですが気の晴れるようなことをさりげなく用意してくれていたのは印象に残っています。

祖母がしてくれたことでうれしかったことを、母が私にしてくれて、それを今度は私が娘に返していく番なんだなと思っています」

まだまだ「アフター」の途中。これからも変化を楽しみたい

――来年1月にまた続きが発売されるという予告もあり、いち読者として楽しみにしています。最近のえっちゃんの「ビフォーアフター」な出来事はありますか?

吉川「作中ではえっちゃんは相変わらずショートカットですが、いくらか髪が伸びてきました!

最近はずいぶん口が達者になってきて、「パパがだめっていってたから、おかたづけできない」というようなウソの言い訳をしたりするようになりました(笑)。

あんなにわけがわからなかったのに、今は意思の疎通ができる…と、ふとした瞬間にすごい感動することがあります」

――現在マタニティでこの漫画を読んで「こうなるのか〜」なんて想像しているママも多いかと思います。まだ「ビフォー」なプレママたちに、メッセージをお願いします。

吉川「1巻のエピローグにも描いたのですが、アフターっていきなりある日訪れるんじゃなくて、グラデーションになってて、だんだん変わっていくものだと思うので、もしいま出産前や出産後で「私は全然変わらない」ということが不安になっている方がいたら、「だんだん変わる!!」とお伝えできたら…。

私自身もまだまだアフターの変化の最中で、えっちゃんが1歳のときには見えなかったことや、2歳のときに気づかなかったことに、ゆっくり気づくのを楽しんでいます。

まだ先にいろんな変化があると思うと楽しみが増えるので、ぜひ一緒に子育てをがんばりましょう〜!」

「ビフォー」と「アフター」では、「思ってたのとは違う」けど、それが予測できなくて楽しくもありますよね。

『子育てビフォーアフター』は、育児中のママなら共感すること間違いなし! ぜひ、吉川さんの描く「育児あるある」を楽しみながら、読んでみてくださいね。