レアル、相次ぐ負傷者…ベイルが加入後13回目のケガ、約1カ月離脱へ

写真拡大

 レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルが、左足ふくらはぎを負傷。約1カ月の離脱を強いられる見通しとなった。スペイン紙『マルカ』が10月3日に報じている。

 ベイルは10月1日に行われたリーガ・エスパニョーラ第7節のエスパニョール戦でベンチから外れた。そして3日、ウェールズサッカー協会(FAW)が同国代表からの離脱を発表。ベイルは2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選の2試合に臨むウェールズ代表に選出されていたが、勝負のラスト2試合を欠場することとなった。

 そして今回の報道によると、ベイルは左足ふくらはぎを痛めているという。同紙によれば、レアル・マドリード加入後13回目の負傷とのこと。約1カ月に渡って離脱を強いられる見通しとなっているようだ。

 今シーズン、レアル・マドリードは負傷者が続出。ブラジル代表DFマルセロやクロアチア代表MFマテオ・コヴァチッチ、U−21フランス代表DFテオ・エルナンデスらが離脱を強いられ、スペイン代表DFダニエル・カルバハルもウイルス性心膜炎で戦列を離れている。フランス人FWカリム・ベンゼマは復帰目前と報じられているが、またも離脱者が発生してしまった。