ジェノアに所属するピエトロ・ペッレグリ【写真:Getty Images】

写真拡大

 ジェノアのエンリコ・プレツィオージ会長が、チームに所属する16歳のU-19イタリア代表FWピエトロ・ペッレグリについて“NEXTメッシ”との愛称で称賛した。3日に伊メディア『90Min』が報じている。

 ペッレグリはジェノアの下部組織で育ち、昨年12月22日に行われたトリノ戦でトップチームデビュー。15歳280日という若さでピッチに立ちセリエA最年少デビューを飾った。第4節のラツィオ戦で今季初出場を果たすと、その試合で2ゴールを記録している。

 プレツィオージ会長はペッレグリについて「我々は“NEXTメッシ”を持っている。数年後に誰もが彼の存在を知ることになるだろう」と語り、いずれバルセロナに所属するリオネル・メッシのようなスター選手になるとの予想を立てた。

text by 編集部