iPhoneでハイレゾ聴くならLightning端子付きイヤホンがオススメです

写真拡大 (全5枚)

イヤホンはワイヤレスよりも有線派なのに、最新のiPhoneでイヤホンジャックが廃止されて困っている……、という声も多く聞かれる今日このごろ。そんな “最新iPhoneでも有線イヤホンを使いたい” 人々のために登場したのが、MSソリューションズの「極の音域 Hi-Res ANTARES」(アンタレス)です 。Lightning端子を搭載しているので、直接iPhoneに接続して使えます。しかもハイレゾも対応です。

▲ブラック

充電がいらない、失くしにくい、音質がいいなどのメリットがある有線イヤホン。新型iPhoneでも、やっぱり有線イヤホンを使いたいという人もいますよね。または、シーンに合わせて、ワイヤレスと有線の2本使いをしたいというニーズもあるでしょう。
そんな人にオススメなのが、入力端子にLightningを採用した「極の音域 Hi-Res ANTARES」です。

▲シルバー

iPhoneのLightningコネクタに差し込んで使うるので、イヤホンジャックのないiPhone 7やiPhone 8のほか、iPod touchやiPad、iPhone 5/6といった端末でも音楽を楽しめます。最大24bit、サンプリングレート48kHzの音源データが視聴できるハイレゾ対応なので、サウンドにこだわりを持つ人にぴったり。


また、音量調節や再生、停止ができるリモコンを搭載しているので、端末側をいちいち操作する必要がないのも便利。背面にはマイクもついており、ハンズフリーでの通話もできます。MFi認証を取得しているのも安心です。

▲ローズゴールド

カラーバリエーションは、iPhoneと合わせれば統一感が出るブラック、シルバー、ローズゴールドの3色を用意。SとLのイヤーピースも同梱して価格は9980円です。

>> MSソリューションズ「極の音域 Hi-Res ANTARES」

 

(文/&GP編集部)