ブラジルW杯準優勝のアルゼンチンが、ロシアW杯予選で大苦戦を続けている。


ベネズエラ戦は不発に終わったメッシ。国内では批判にさらされている

 南米予選は2年前の10月から始まったが、その間に監督交代が2回あり、現在のホルヘ・サンパオリは3人目だ。1人目のヘラルド・マルティーノは3勝2分け1敗と合格点ながら、コパ・アメリカの決勝戦で2年続けてチリに敗れたため辞任。後任にはエドアルド・バウサが就任するが、3勝2分け3敗の成績で解任された。この段階でアルゼンチンの順位は5位。出場権は4位までで、5位になるとプレーオフに回らなければならない。

 もっとも、バウサの任期中は予選のホームゲームが地方都市で開催されていたため、それが不振の一因でもあった。会場となったメンドーサやサンファンはチリとの国境の街で、首都ブエノスアイレスからはウルグアイへ行くよりも遠い。代表のキャンプ施設はブエノスアイレスに立派なものがあり、市内で試合を行なえば、そこからスタジアムへ直行できる。しかし、地方都市で開催すると前日移動にならざるを得ない。ヨーロッパから10数時間の長旅の末、戻ってきた選手たちは、このハードスケジュールによりコンディションを整えられなかった。

 サンパオリの初陣となった今年3月のチリ戦から、ホームの試合はブエノスアイレスに戻り、1-0の白星スタートとなった。しかし次戦は標高3600メートルのアウェーでボリビアに0-2で敗れた。続く”ラプラタ河クラシコ”のウルグアイ戦は、リオネル・メッシを徹底マークで封じられてスコアレスドローに終わる。

 苦手な高地での黒星、強敵ウルグアイとの引き分けは予想されたことであったが、想定外だったのは9月5日に行なわれた第16節のベネズエラ戦だ。相手は最下位のチームで、会場はブエノスアイレス。順位争いのライバルであるチリの敗戦が伝わっており、「これで4位浮上」と誰もが思った。しかし結果は、先制を許し、相手のオウンゴールでかろうじて引き分けというもの。順位はチリを上回ったが、2連勝のペルーに勝ち点24で並ばれ、得失点差も同じなため総得点の差で5位は変わらなかった。

 総得点でペルーを下回るアルゼンチンだが、その得点数はというと、なんと16得点。16試合で16得点だ。これはボリビアの14得点に次ぎ、10カ国中9番目という少なさである。1位のブラジルは38得点、2位のウルグアイは28得点で、大きく水をあけられている。

 サンパオリとなってからの4試合、シュートチャンスはたくさん作っている。しかし、決めきれない。いわゆる決定力不足だ。とはいえ、単にシュートが入らないというだけではない。メッシやアンヘル・ディ・マリアらが相手DF陣を切り崩してシュート態勢に入るのは以前と変わらないが、全盛期のアルゼンチンは、誰かがシュート態勢となったとき、突然ゴール前にフリーの選手が現れることが多々あった。そしてシュートを打とうとした選手はパスに切り替え、フリーの選手が難なく決めていた。しかし最近の試合では、この幽霊のような選手が現れない。

 以前のチームでは両サイドバックが常に高い位置をキープし、攻撃に加わる人数が多かった。こうして数的有利を作ることで、フリーの選手が出現していたのだ。しかし最近は、両サイドバックが低い位置にとどまっている。これでは数的優位は作れない。

 では、なぜサイドバックは低い位置にいるのか。それは、ハビエル・マスチェラーノと関係がある。33歳のベテランとなっても、1対1の強さ、読みの鋭さ、球際の強さは相変わらずで、超一流のボランチだ。マスチェラーノがいるからサイドバックは果敢に上がることができ、相手の逆襲を受けた際は、彼が危険な箇所をきっちりカバーしていた。

 しかし、年齢によるものなのか、ここ1年ほどはカバーできるスペースが明らかに狭くなっている。マスチェラーノは攻守の軸であり、背骨のような存在だ。そこがわずかに歪んだことで、チームという全身にさまざまな影響が表れている。

 サンパオリは新戦力の導入で活路を見出そうとしており、インテルで活躍中のマウロ・イカルディをウルグアイ戦とベネズエラ戦で先発起用した。彼は昨シーズン、インテルで26得点を挙げており、元アルゼンチン代表のストライカー、ガブリエル・バティストゥータも、「マウロは代表に必要な選手だ」とかねてから言っていた。

 ただ、能力、実績とも代表入りにふさわしいものを持っているイカルディだが、実はひとつ問題を抱えている。それは、自分を可愛がってくれた兄貴分のようなアルゼンチン人選手から、モデルの美人妻を奪ってしまったことだ。ディエゴ・マラドーナはイカルディのことを、「最低の裏切り者だ」と、ことあるごとに罵(ののし)っており、ベネズエラ戦の後も、「もっといい選手は他にたくさんいる」とこき下ろした。代表選手の中にはマラドーナ信者が少なからずおり、彼らもイカルディを露骨に嫌うようであれば、その起用はマイナスにしかならないだろう。

 10月5日に行なわれる第17節は、アルゼンチン対ペルーの直接対決。これに負ければ大変なことになるアルゼンチンは、試合会場をリーベルプレートのスタジアムから、ボカ・ジュニアーズのボンボネーラに変更した。

 狭い敷地にぎっしりと建てられたこのスタジアムは、スタンドが近いだけでなく急傾斜で、ピッチ上の選手はまるで観客の壁に囲まれたように感じる。相手選手に与えるプレッシャーは相当なものだ。キャパシティーはリーベルより5000人ほど少ないが、協会は収入減を覚悟のうえで相手が嫌がるスタジアムを選んだ。ちなみに、ボンボネーラでW杯予選が行なわれるのは、1997年11月16日のコロンビア戦以来のことだ。

 しかし、これが吉と出るかどうかはわからない。エースのメッシは幼くしてスペインに渡ったためアルゼンチンリーグを経験しておらず、ボンボネーラでプレーしたのは13年前のチャリティーマッチで一度だけ。イカルディは皆無のはずだ。

 さらに、ボンボネーラでのペルー戦といえば過去に苦い思い出がある。1970年メキシコW杯の予選最終節、アルゼンチンは2-2でペルーと引き分けて初の予選落ちを喫したのだ。今回、会場を奪われた形となったリーベルの会長は、「ボンボネーラでペルーと戦うなんて、縁起が悪い」と、この決定に不満を漏らしている。

 仮に5位となってプレーオフに回っても、相手はニュージーランドなのでW杯出場に問題はないはずだ。しかし、だからといって安心はできない。もしこのペルー戦を取りこぼすと、5位どころか6位以下で予選落ちになる可能性があるからだ。

 最終節の相手はエクアドルで、会場は標高2800メートルのキト。苦手な高地で勝ち点3を得るのは、今のアルゼンチンには簡単なことではない。ペルー戦に勝たないと、勝ち点23のチリ、同21のパラグアイ、同20のエクアドルに逆転される可能性が出てくる。まさに崖っぷちのアルゼンチンは、命運をかけてペルー戦に挑む。

■海外サッカー 記事一覧>>