腰痛も遠隔治療か可能に(画像は)株式会社バックテックの「ポケットセラピスト」)

写真拡大

 腰痛に悩んでいるが、病院や治療院に行く時間が取れない――。そんな人に紹介したいのが「遠隔医療/サービス」である。

 遠隔医療とは、文字通り「遠隔地でも受診できる」サービス。電話やテレビ電話などで医師に診断してもらえる。

 もちろん、診察だけではなく、薬の処方、支払いも可能。テレビ電話はスマホやパソコンを持っていればできるし、薬は配送で対応し、支払いはクレジットカードで行うことが多い。

 アメリカなどでは、すでに一般的になりつつある。日本では、2015年8月に厚生労働省の通達で実質的に解禁になった(「初診」は行えないなどの制限はある)。

 メリットは、「通院時間、待ち時間の大幅な短縮」「物理的に通うことが難しい僻地でも都心の医師の診察が受けられる」などが挙げられる。一方、デメリットは、「誤診の可能性」「医療機関側の診療報酬の低さ」などが指摘されている。

遠隔医療を使用するためのアプリが続々と......

 遠隔医療サービスが受けられる医療機関を取りまとめてくれて、簡単にアクセスできるサービスがすでに登場している。

 たとえば、株式会社メドレーが運営するスマホ通院アプリ「クリニクス」は、スマホで診察してくれる全国の医療機関と連携しており、簡単な操作で予約から支払いまで自宅にいながら行える(前述のように「初診」は通院が必要)。

 また、株式会社オプティムの「ポケットドクター」というアプリもあり、基本的な性能は前述したクリニクスと同様だが、画面上に赤ペンを入れられる機能や指さし機能などが特徴だ。

 どちらも、基本的には「無料」で使用できる(診察料などは別途かかる)。

腰痛も遠隔治療で治す時代に!?

 遠隔サービスは、医療機関が提供するものだけにとどまらず、一般の企業も参入している。

 たとえば最近、<腰痛の改善>を目指す「ポケットセラピスト」というサービスが誕生した。

 これは、株式会社バックテックが運営するサービスのひとつ。、取締役の福谷直人氏は理学療法士の資格をもち、京都大学の博士課程を卒業した腰痛の研究者でもある。

 この「ポケットセラピスト」のサービスは、オンラインで365日24時間体制で腰痛の相談に対応する。オンライン上で簡単な質問に答えると、ユーザーの<腰痛のタイプ>が示されて、どのような対策を行うべきかを専門家に指導してもらえる。

 また、定期的にチャットによるアドバイスを受けて、動画で適切なエクササイズを処方してもらうことも可能だ。

 ユーザーは個人だけでなく、法人会員を受け付けているのも大きな特徴だ。デスクワークが多いビジネスパーソンにとって腰痛は、常に上位にくる悩みの種である。

 私がこのサービスに刮目した点は、遠隔サービスで改善ができないと判断された場合、<状態に合わせた治療院を紹介する>ところだ。

 腰痛は、遠隔サービスで対応できることもあるが、それだけでは難しいのが現実。それだけに、このように遠隔サービスと通院での診療をうまく連携していくことは、とても重要なことだ。

 腰痛は直接、診断・治療を受けることが重要だが、「腰痛の正しい知識」や「患者や利用者のマネジメント」も腰痛改善のポイントとなる――と最近の研究で報告されている。

 医療機関に定期的に通うことが難しくても、遠隔サービスによって、腰痛に関する知識をはじめ、普段の姿勢や身体の使い方、日々に行うエクササイズの確認などをスマホで管理してもらうのも有効だろう。うまく通院と遠隔サービスを組み合わせることで、腰痛に悩む人が減るかもしれない。

 今後、腰痛に対する遠隔サービスの改善の報告・研究が報告されるだろう。期待のこの分野に注視していきたい。
(文=三木貴弘)

連載「国民病"腰痛の8割以上はなぜ治らないのか」バックナンバー

三木貴弘(みき・たかひろ)

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curtin大学に留学。オーストラリアで最新の理学療法を学ぶ。2014年に帰国。現在は、医療機関(札幌市)にて理学療法士として勤務。一般の人に対して、正しい医療知識をわかりやすく伝えるために執筆活動にも力を入れている。お問い合わせ、執筆依頼はcontact.mikitaka@gmail.comまで。

三木貴弘(みき・たかひろ)
理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curtin大学に留学。オーストラリアで最新の理学療法を学ぶ。2014年に帰国。現在は、医療機関(札幌市)にて理学療法士として勤務。一般の人に対して、正しい医療知識をわかりやすく伝えるために執筆活動にも力を入れている。お問い合わせ、執筆依頼はcontact.mikitaka@gmail.comまで。