米Appleの従業員がiOS11.1で、個人間送金機能Apple Pay Cashの試験的利用を開始しました。実験は先週からごく一部の従業員間で始まり、現地時間10月3日からさらに人数を増やした模様です。

社員間でのApple Pay Cash利用実験

米メディアMacRumorsのフォーラムメンバーであるチャック・サース氏がApple従業員から得た情報によると、実験はiOS11.1が搭載された社内専用デバイスで行なわれています。従業員テスターは、iOS11.1と社内だけで使うプロファイルのベータ版をダウンロードし、自分のApple IDを用いてApple Pay Cash機能を利用しているとのことです。
 
サース氏は、Apple Pay Cashの設定時と、送金を試みた際のスクリーンショットを入手、MacRumorsに提供しています。2つめのスクリーンショットは、受け取り側がApple Pay Cashに対応していなかった場合に表示される画面のようです。Appleは社員間でApple Pay Cashをテストするよう、推奨している模様です。
 

Apple Pay Cashは「この秋登場」

Apple Pay Cashはメッセージアプリ経由で利用します。送金する場合は登録した銀行のデビットカードまたはクレジットカードからお金が引き落とされ、相手から受け取ったお金はWallet内のApple Pay Cashカードに保管されます。送金にデビットカードを使う場合は無料ですが、クレジットカードを使う場合は3%の手数料がかかります。
 
Apple Pay Cashカードに貯まったお金はApple Payでの支払い、または個人間送金に使えるほか、自分の銀行口座に移すこともできます。
 
Apple Pay CashはiOS11で利用可能になることが6月のWWDC 17で発表されましたが、現時点ではまだ利用することはできず、Appleは「この秋登場」と案内しています。また当面はアメリカのみでの展開となります。
 
なお実験に使われているiOS11.1は、現在ベータ1が開発者と一般テスター向けに公開されています。
 
 
Source:MacRumors
(lunatic)