有能な経理担当、磯崎泰代を演じる片桐はいり/(C)NHK

写真拡大

「この声をきみに」(毎週金曜夜10:00-10:50、NHK総合)は朗読を題材に、さえない数学講師・穂波孝(竹野内豊)が人生を変えるため奮闘する姿を描くヒューマンコメディー。孝が通う朗読教室「灯火親(とうかしたしむ)」には謎多き講師の京子(麻生久美子)や、個性的な生徒たちが集結。その人々との関わりが、孝に変化をもたらしていく。

【写真を見る】第3話では、朗読教室メンバーがカフェライブに挑戦/(C)NHK

生徒の1人である磯崎泰代は、普段は有能な経理担当として働き、幼い頃から文学や芸術が苦手。他人の気持ちや恋愛に興味を持たないまま一生を終えることを寂しく思っていた時に朗読に出会う。そんな泰代を演じている、片桐はいりにインタビューを行い、朗読をする演技の難しさや、役に対して思うことなどを聞いた。

■ 自分の声は、自分では分からない

――このドラマは声がテーマですが、ご自身の声の特徴はどんなところだと思いますか?

私全然分かんないんです。声がいいとか悪いとか思ったこともないし。自分の声って、基本的には分かんないでしょ? 

でもある時、お蕎麦屋さんで後ろに座ってた人に「片桐はいりさんでしょ! 声で分かった!」って言われて。その時に初めて声で分かるんだと思って急に面が割れたみたいな。それまで電話の問い合わせとかも平気で「片桐です」って名乗って「安売りいつまでですか」って聞いたりしていたんですけど、もしかしたらそれがバレていたのかもしれない! って思いましたね。

俳優さんでも声がいいとキュンとする時とかあるじゃないですか? だから、そういうことを自分もできるといいなと思いながらやっていますけど、分かんないですね。

――今回の役柄を演じてみてどのように感じましたか?

私は数学0点で国語が100点みたいなタイプで、数字が苦手で芸術が好きなので真逆の性格なんです。でも、バランスが悪いっていう意味では一緒だと思いました。

――「朗読教室では、お互いのプライベートに入り込みすぎないのがルール」というセリフがありましたが、片桐さん自身はどう思われますか?

私も、距離感って重要だよねって思うのですごく分かります。あと「1人で生きていくのっていいわよ」と言っている場面もあるんですが…でも口に出す言葉って、思っていることとは違う場合もあるじゃないですか?

なんか、“そういうことを言う人”っていう感覚で捉えています。“そういうふうに思っている人”っていうよりは。そういうことを、人に向けて言う人って。

――自分の生活をあまり話さない役ですが、演技をする時にバックボーンを意識することはあるんですか?

しますけど、分析みたいになってしまって「数字が好きな人はこうだ」って作り上げてしまうと面白いことにならないと思っていて。作りたい設定の時もあるんだけど、今回の役ではあんまり考えていないですね。

■ 群読のシーンは合唱しているような気分

――朗読時の空想のシーンなどもありましたが、撮影している時にはどんなものを思い浮かべているんですか?

私がって言うより、役の人がやっているっていう印象だからちょっと違うんですよね。片桐はいりとして、私がやるんだったらこうはやらないかもねと思いながらやっていたりとか。だからあんまり考えずに、とりあえず「大きな」って読むんだったら大きいものを想像するとか、そういう基本的なことを一生懸命やろうと思っています。

――複数名で朗読する“群読”が印象的ですが、合わせた時にはどんな気分になりましたか?

合唱している時みたいな気持ちですよ。歌をみんなで歌っているときに近い気持ちのよさというか。合唱の場合は、音程を合わせることや、ハーモニーを丁寧に奏でることを重要にしているけど、朗読では音がずれたり、その時のアドリブが毎回あったりして、ライブみたいな感じがあるので、それが面白いなって思いますね。

――全体の調和が合う時があるという感じでしょうか?

いや、ピチッと合わせるというよりは、面白い音がでないかな? っていうことを考えていますね。だから私の音だけをとったら日本語に聞こえないような音になっているのかもしれないなと思いながらやっています。それがいいのか悪いのかは知らないですが、ただ聞いたときに面白いといいなと思います。

――朗読教室のメンバーの中でも印象的な声の人はいますか?

みんながそれぞれ違うから面白いですね。皆さん基本は俳優さんじゃないですか。その個性が面白いから、朗読のクオリティーとしてどうなのかは分からないけれど、それぞれの間の取り方にすごくドラマがあるなと思います。

■ どんなに役を作っても、朗読したらバレてしまう

――役作りのように、声を作り込むことはしていないんですか?

今回思ったのは、朗読とか声ってうそをつけないんだなってことで。それが難しいんですよね。朗読の表現って、読み方なり、声の出し方でその人の素が分かりやすく出やすいと思うんです。質問したり、芝居の表情を見たりするよりも、多分朗読する声を聞くだけで、その人のことがいろいろ出ちゃう気がするんですよ。

だから逆に、私が役をこねくり回して人格を作ったりしても、その役に声でつじつまを合わせていくのってすごい難しいと思います。

――演じている俳優さん自身の内面が出てしまうということでしょうか?

そうですね。だから、私とは“真逆の生き方をしてきた人”っていう設定で役を作り上げたとしても、朗読をしたらもうバレちゃうと思うんですね。まぁ、基本どんなお芝居でも内面は出ちゃうんですよ。人間は1人なんだし(笑)。

その中でも朗読っていう、人の書いたものを読むシンプルな表現では、その人が自分で書いたものを自分で語るよりもいろいろと出ちゃう気がします。

今みたいに、私が一生懸命自分のことを説明しようとしてお話しているけど、こういうことをするよりも、ちょっと握手したり、なにか1つ動きがあったほうが全体像が分かることってないですか? インタビューする方は会話の内容で全部分からないといけないから大変だと思いますけど(笑)。

でも相手が本当のことを言ってるって思わない時もいっぱいあるでしょ? そういう部分が全部分かっちゃうのが朗読なのかな。だから怖いなと思うし、難しいなと思います。

だからいろんな人でやってみたらいいんじゃないでしょうか? 声に出して本を読むって誰でも1人でもできるじゃないですか。

例えば告白をするような文章を、ちょっと読んでみてって誰かにお願いしたら「あ、この人はこんな人なんだ」って分かるような気がしますよ。本当はこんなこと思ってないんだなとかも含めて。そういう部分が面白いなと思って。朗読に興味を持つ人がこのドラマを見て増えたら楽しいなと思いますね。

――最後に、今回のドラマの見どころを教えてください。

やっぱり朗読や群読のシーンが面白く仕上がっていると嬉しいですね。あとは、竹野内(豊)さんのさえなさ具合と、麻生(久美子)さんとのかわいいやりとりに萌えて下さい(笑)。