正式リリースから2週間で、iOS11がiOSデバイスの38.5%にインストールされたことが、データトラッキングおよび解析を行なうMixpanelの調査データから明らかになりました。

2週間で38.5%に

現地時間9月19日にリリースされたiOS11は、公開後24時間で10.01%、1週間で24.99%にインストールされたことが、同じくMixpanelの調査でわかっています。
 
iOS11の普及速度は昨年のiOS10と比べるとかなり緩やかです。iOS10のリリース後約2週間でのインストール率は47.99%で、この時点ですでにiOS9とシェアが逆転しつつありました。

iOS11の普及速度が遅い理由は不明

iOS11の普及速度がiOS10と比べて遅い理由はわかっていませんが、米メディアMacRumorsは、iOS11の目玉機能とされる個人間送金Apple Pay Cashや、iCloudストレージで共有できるメッセージなどがまだ追加されていないためではないか、と推測しています。
 
ただしApple Pay Cashについては当初の導入がアメリカのみなので、この機能待ちというのは少々考えにくい気もします。
 
AppleはiOS11公開後、すでにiOS11.0.1、またiPhone8/8 Plusでの通話中の雑音問題を修正したiOS11.0.2をリリースしています。
 
iOS11では多くの新機能が追加されたほか、デザインが刷新されています。iPhone ManiaではiOS11の新機能や使い方のコツを徹底解説しています。 
 
Source:Mixpanel,MacRumors
(lunatic)