すぐに使えるから子どものやる気もアップ!

写真拡大

昨今、世界中で日本食が大ブーム。その影響もあってか、日本人が思う以上に箸を上手に使う外国人は多いようです。それなのに、日本人の我が子が変な箸使いをしていたらちょっと恥ずかしいかも……。「本物の箸使い」を「本物の日本箸」で教えてあげませんか?

【写真を見る】上手になったら普通のヒノキ箸として愛用できます

今回ご紹介する「はじめておはし」は、コンビが10月上旬に発売する子ども用トレーニング箸です。

箸トレーニングで大事なのは、子どもが「できた」をすぐに実感できること。箸に苦手意識を持ってしまうと、子どもの集中力が続かなくなってしまうので、最初の体験が肝心です。その点、「はじめておはし」は、バネの力で簡単につかめる「おはしアシスト」と、正しい指位置で持てる「かんたんリング」によって、箸が初めての子どもでもすぐに使えるように設計されています。

さらに、指にしっかりフィットする「親指サポート」、つかんだ食材がすべらない「なみザラはし先」など、細部にまで箸使いをサポートする機能を凝縮しました。

ちなみに、子ども用のトレーニング箸というと、ちょっと可愛すぎたりチープな印象の製品が多いですよね。でも、「はじめておはし」は、能登産ヒノキを原材料に使用しています。日本有数の箸の産地・福井県小浜市で仕上げているので、ママ・パパも納得の品質。日本文化の基礎ともいえる「箸使い」ですから、どうせなら「本物の日本箸」で教えてあげたいものです。

もちろん、サポートパーツを外せば、立派なヒノキ箸として使えます。「はじめておはし」は、「すぐに使える」だけではなく「長く使える」ので、子どもがマイ箸として愛着を持ってくれそう。

先の長い我が子の人生、日本はもちろん海外に行っても日本人として誇れる「美しい箸使い」を身に付けさせてあげませんか?