@AUTOCAR

写真拡大 (全6枚)

新型911 メーターの撮影に成功

2018年末に発表される次世代型ポルシェ911は、デジタル/アナログの2種類のメーターを同時採用するようだ。


今回撮影された開発車両には、最新型カイエン、パナメーラから引き継がれたインストルメントクラスターを確認できる。
 

中心はアナログのレブカウンター

北米で撮影されたテスト車両には、911伝統のセントラル・レブカウンターの両脇に、2つのデジタルスクリーンが存在する。


これは、アウディのヴァーチャルコクピットとほぼ同じシステムをベースにしているが、レイアウトは回転計をメインとしたトラディショナルな形式となっている。
 

ハイブリッド、EVも検討中

次期ポルシェ911について何よりも重要な点は、ハイブリッドをオプション設定することだ。開発にあたるエンジニアは、AUTOCARの取材に対し、ハイブリッドパワートレインを911に収めるために、今回のテスト車両のようにワイドスタンスなボディを検討していると明かした。


さらにハイブリッド仕様にくわえ、ポルシェは911のオールエレクトリック仕様も検討している。これは、アウディR8 e-トロンと同様のシステムを採用するようだ。