【衝撃】ペヤングにはカップラーメンも存在する! 謎の「ペヤングヌードル」を食べる

写真拡大 (全17枚)

ペヤングと言えば日本でトップクラスの人気を誇るカップ焼きそばであり、むしろカップ焼きそばと言えばペヤングでもある。カップ焼きそばにはいろいろな商品があるが、ペヤングの昔から変わらない味に魅了され続けている人は非常に多いのだ。





ペヤングは焼きそばだけではない



しかし、実はペヤングには姉妹品の「ペヤングヌードル」という商品があるのだが、この事実はほとんど知られていない。

ペヤング=焼きそばというイメージが強いのは間違いないが、後輩に「おい!ペヤング買ってこい!」と頼んでも焼きそばのペヤングを必ず買ってくるとは限らないのだ。

ミニストップで販売されていることがある



とは言ってもペヤングヌードルを見たことがないという人も多いはず。どうやらコンビニエンスストアのミニストップで販売されていることが多いようなのだが、実際に5店舗回ってみたものの販売を確認できたのは2店舗のみ。しかも1店舗は商品入れ替えで半額セールとなっていた。









しかもペヤングヌードルはしょうゆ、シーフード、味噌の3種類があるのだが、味噌味が販売されているところは確認できなかった。それだけペヤングヌードルはレアな商品なのである。知らない人が多いのも当然と言ったところだろうか。



あっさり美味しいしょうゆ味



とりあえずしょうゆ味とシーフード味のペヤングヌードルを入手することができたので、早速食べてみようと思う。



こちらがペヤングヌードルのしょうゆ味。チキンラーメンのように麺が茶色く、しっかりと味付けされているのがわかる。そして焼きそばのペヤングでもおなじみの「スパイス」が添付されているのも嬉しい。いかにもペヤングのカップラーメンだ。





味つけは非常にあっさりとした鶏ガラベースのしょうゆ味。チキンラーメンと比べて若干チキン感が薄くなっているが、やはり味の方向性もよく似ている。焼きそばのペヤングでもおなじみの肉も入っているため、ペヤングらしさも感じることができるだろう。一般的なカップラーメンよりも軽い感覚で食べることができる。



おすすめはシーフード味



今回はペヤングヌードルのしょうゆ味とシーフード味を試したが、個人的にはシーフード味の方がおすすめだ。



シーフード味を開封すると、しょうゆ味と構成からしてまったく異なることに気づくだろう。まず麺に味つけが施されていないので、麺の色は白色。ペヤングカップ焼きそばと同じような雰囲気を感じられる。そしてスパイスがないのは残念だが、かわりに粉末スープとかやくが封入されている。





かやくと粉末スープを麺の上にあけ、熱湯を注いで3分待てば完成。見た目はなんてことのないシーフードのカップラーメンだとしか言いようがないが……



恐らくペヤングの焼きそばが好きな方なら麺を一口食べた瞬間に気がつくことだろう。「あっ、これペヤングの麺だ!」と。麺の太さなどは若干違う気がするが、口に含んだ瞬間の風味はペヤングの焼きそばで使用されている麺と同じ。ほんのりと油っぽく、ほんのりと塩気が感じられる麺なのだ……!



ライトなシーフードスープとマッチ



そしてこの麺がシーフードスープと見事にマッチする。シーフード味のカップラーメンと言えばカップヌードルのイメージが非常に強いが、シーフードヌードルよりもスープがあっさり目に仕立てられているのだ。

非常にライトな口当たりで食べやすく、やはりカップラーメン特有の重さが少ない。気軽に食べられるカップラーメンなのである。

一度は経験しておくべき味



ペヤングヌードルは実は焼きそばのペヤングよりも世に出たのが早く、焼きそばが1975年に発売開始されたのに対し、ペヤングヌードルは1973年にデビューを果たしている。

ところが一度は生産中止に追い込まれ、近年になって当時の味がそのまま復刻発売されたのだが、ミニストップでの販売状況を見る限りまた発売が縮小されてもおかしくない状況だろう。

ペヤングヌードルは昔のカップラーメンの味をそのまま体験できる貴重な商品でもある。ペヤングマニアはもちろん、カップラーメンが好きな人はぜひ一度は試してみていただきたい。

■執筆・監修:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/