スシローの店舗(「Wikipedia」より)

写真拡大

 オーナー経営者、神明の藤尾益雄社長と、スシローグローバルホールディングス(GHD)のプロ経営者、水留浩一社長のディール(取引)だった。

 回転寿司業界5位の元気寿司の親会社で、コメ卸最大手の神明は、スシローGHDの株式33%を379億円で取得し、業界最大手のあきんどスシローと元気寿司の経営統合を目指す。スシローGHDの親会社である英投資ファンドのペルミラは、株式の売却で投下資金を回収することができる。

 藤尾氏は「経営統合のイメージとしては、上場会社であるスシローGHDを残し、その下に事業会社のあきんどスシローと元気寿司をぶら下げるかたちを検討している」と語った。

 スシローGHDの2016年9月期決算の売上高は1477億円で、国内店舗数は476店、海外は韓国に8店ある。元気寿司の17年3月期決算の売上高349億円で、国内店舗数は152店、海外167店となっている。単純合算すると売上高は1826億円となり、業界2位のくら寿司を運営するくらコーポレーション(16年10月期の売り上げ1136億円)を大きく引き離すことになる。

●スシローは内紛、乗っ取り、転売の歴史

 あきんどスシローは内紛、乗っ取り、転売の歴史だった。スシローは清水義雄・豊の兄弟が1975年に大阪市阿倍野区でカウンターだけの立ち食いすし「鯛ずし」を創業したのが始まり。だが、兄弟喧嘩が勃発し07年3月、牛丼チェーン「すき家」を運営するゼンショー(現・ゼンショーホールディングス)が突如、発行済み株式の27.2%を保有する筆頭株主として登場した。ゼンショーが取得した株式は弟の豊氏とその家族が保有していた分だった。

 兄の義雄氏は敵対的買収を撃退するためホワイトナイト(白馬の騎士)として投資ファンドのユニゾン・キャピタルに頼る。ユニゾンによるゼンショー撃退作戦はMBO(経営陣が参加する自社買収)によるスシロー株式の非公開化だった。ユニゾングループはスシロー株式のTOB(株式公開買い付け)を実施。スシローの発行済み株式の64.08%を取得してゼンショーを撃退。09年4月、東証2部に上場していたスシローは上場廃止となった。

 12年9月、ユニゾンは保有していた全株式を英投資ファンドのペルミラに786億円で譲渡した。この結果、ユニゾンは541億円の売却益を得た。ユニゾンはホワイトナイトとして破格の報酬を手にした。こうして、スシローは英国資本の回転寿司店となった。

 ペルミラは15年2月、会社更生法を申請した日本航空の副社長やワールドの専務執行役を務めた水留氏をスシローの社長に送り込んだ。水留氏は外資系コンサルタント会社で企業再生の経験を積んだプロ経営者だ。

 ペルミラの出口戦略は、再上場する際に保有株式を売り出すか、ほかのファンドに直接転売するかの2択で、どちらのリターンが大きいかを秤にかけていた。水留氏が、いかにリターンを大きくするかという重責を担うことになった。

 15年3月、ペルミラはファンドが出資する持ち株会社スシローGHDを設立。スシローGHDは17年3月30日に東証1部に再上場し、これに合わせてペルミラは保有株を放出して投資を回収することにした。IPO(新規株式公開)の初値は3430円で、公開価格3600円を下回った。

 筆頭株主はペルミラのファンドであるコンシューマ・エクイティ・インベストメンツの22.2%。第2位は全国農業協同組合連合会(JA全農)で4.0%。第3位はノルウェー政府(政府系のカバメント・オブ・ノルウェー)で2.4%だ。事業会社では、サントリー酒類が1.5%、極洋とマルハニチロが各々1.0%保有していた。

 神明は11月までに2回に分けてスシローGHD株式の33%をペルミラグループのファンドから379億円で買い取り、持分法適用会社に組み込むことになる。ペルミラはIPOの際の売り出しと、神明への株式の譲渡で投資分を回収できた。

●神明はコメの売り先の外食チェーンを囲い込む

 神明は米穀類の卸の最大手だ。07年6月、藤尾氏が創業家の4代目として社長に就任した。神明の転換点は三菱商事との資本・業務提携。10年4月、三菱商事は創業一族の藤尾家から議決権のある発行済み株式の17.07%を取得した。

 神明は第三者割当増資で資本金を5.8億円から22.2億円に増資。筆頭株主の藤尾氏の出資比率は36.56%に高まり、2位の三菱商事は13.42%に下がった(17年3月末時点)。

 三菱商事の後ろ盾を得た神明は、外食や中食分野に進出する。回転寿司の元気寿司を子会社にしたほか、居酒屋「和民」を運営するワタミ、サバ料理店の鯖や、キノコ大手の雪国まいたけに相次いで出資し、青果卸や水産卸を買収した。

 積極策が実り、17年3月期の連結売上高は前期比14%増の1824億円、営業利益は同15%増の50億円、純利益は52%減の23億円だった。今回のスシローGHD株の買い取りは、銀行からの借り入れで全額賄う方針だが、神明の有利子負債は800億円と倍増する。

 国内のコメ消費量が減るなか、元気寿司を軸にした回転寿司業界の再編は、藤尾氏の悲願でもあった。

 これまで12〜13年にかけて、元気寿司の28%、かっぱ寿司を運営するカッパ・クリエイトに26%出資し、筆頭株主になった。両社の統合を目指したが破談。カッパ・クリエイトの株式は14年、外食大手のコロワイドに売却した。

「日本食を代表する寿司でコメの拡大につなげたい」と藤尾氏は語っている。

 スシローと元気寿司は、企業文化に違いがあるといわれている。統合の実を上げるためには、藤尾氏と水留氏の連係が欠かせない。
(文=編集部)