語れるほどの「ファクト」がほとんどないとき、人々に届く「物語」は実に都合がいい(撮影:尾形文繁)

小池百合子東京都知事は希代のコミュニケーターである。この連載でも彼女の用意周到な「権謀術数」(小池都知事圧勝の理由は「敵失」だけではない)や、情に訴えるコミュニケーション(小池都知事、「安全だが安心ではない」の欺瞞)、「対話力」(都知事選「小池圧勝」は"対話力"で説明が付く)、そして、絶妙な「感情のコントール」(「怒りながら叫ぶ女」はどうして嫌われるのか)などさんざん取り上げてきた。


この連載の一覧はこちら

しかし、まだまだネタは尽きない。あっと驚くカードを次々と切って見せ、あれよ、あれよと政界再編の「センター」に躍り出た小池氏の戦法は、話題をつくり続けて、圧倒的な報道露出を獲得した米大統領ドナルド・トランプをも彷彿させる激烈ぶりだ。

並外れた「ストーリーテリング力」

そのスピード感、荒唐無稽な展開はまさに、織田信長が今川義元を下した「桶狭間の戦い」を想起させる「平成の大奇襲」。アクション映画かジェットコースターのようなスリル感、脳内唾液を分泌するようなシズル感(人の五感を刺激する感覚)をかき立てる。小池氏のすごみはそういった感覚を究極まで高ぶらせる「ストーリーテリング力」だ。

日本人は「ロジック」「ファクト」が大好きだ。雇用が〇〇人増えた、経済効果は×××億円……。しかし、「データ」で、実は人の心は1mmだって動かない。アベノミクスの効果を示す首相官邸のホームページを見てみると、そんな数字が鬼のように並んでいる。

実質GDP〇〇%成長、株価〇〇%上昇、完全失業者数〇〇万人減少といった細かい数字に「消費の拡大」「投資の拡大」といった無味乾燥で言い古された言葉。緻密にファクトを積み上げれば、人は説得できるし、わかってもらえる、そんな思い込みが日本人のコミュニケーションの最大の弱みである。

ある時、筆者は「『外国人投資家に、あなたたちの説明は意味がわからない』と言われたので、グローバルに伝わるプレゼンを教えてほしい」という要望で、日本の超大手メーカーの幹部会議に講義に行った。その会社の資料は、とにかく文字だらけ。投影すれば、ありんこかと思うほどの読めない文字と数字がぎっしりと並んでいる。そして、その内容を読み上げるだけのプレゼン。「人はロジックでは動きません」。筆者の言葉に、幹部の1人にこう言い切った。「わが社ではロジックこそが重要なのです」。

確かにコンマ1mmの精度を競い合う日本のものづくりカルチャーにおいては、そうしたハードファクトは意味があることなのだろう。しかし、同じ言語と思考形式を持つ集団の中では通用しても、多種多様な価値観が交じり合う現代のオーディエンスの心を揺さぶることは難しい。ロジックだけでは、納得まではできても、説得まではできないのである。

小池氏は、「人はロジック(理)では動かない、エモーション(情)で動く」ことを熟知している。だから、ストーリーを使うのだ。人間はストーリーが大好きな生き物である。書き言葉がない時代から、人は例え話や物語にして、口伝で後世にその教訓を伝えた。映画や小説が、論文より面白いのは「ストーリー」があるからだ。ストーリーは人の脳内ホルモンを活性化させ、感情をかき立てる。小池氏の痛快アクションストーリーの筋書きはこんな感じだ。

制裁欲求が満たされない人々の「声」になる

時の権力者はなかなかのやり手である。停滞する経済の中で、次々と大胆な政策を打ち出し、少しずつ成果も表れてきた。しかし、権力とは腐敗するものである。周囲には彼の威を借りる人間があふれ、おごりやたかぶりが目に余るようになる。
彼の妻はその地位を利用して、次々と怪しげな人脈をつくり、かかわりを深めていく。彼はそんな彼女も周囲の人間をいさめることも、自らの否について真剣に詫びることない。
そうした「慢心」ぶりに女主人公は立ち上がる。組織を脱し、たった1人で反旗をひるがえしたかと思うと、次々に、仲間を増やし、アドベンチャーゲームよろしく、敵を末端からバッタバッタと倒して、話を盛り上げていく。そして、いよいよ、その権力者と直接対峙のときを迎える。さあ、戦いの決着やいかに?

場面転換はスピーディで、見ている人ははらはら、ドキドキしながら、まったく飽きることがない。ふてぶてしく、おごりたかぶって見える権力者たちを「既得権にしがみつく」「変革を拒む」とレッテルを貼って悪役に仕立て上げ、「私がお仕置きしてあげる」と大見得を切る。そうやって、人間の制裁欲求に応え、シャーデンフロイデ(他人の不幸や失敗を喜ぶ気持ち)を刺激する。人々は、映画で悪役が倒されたときに味わう「ざまあみろ」という胸のすく感覚を本能的に求めているのだ。

「悪者を作る」「自分をヒーローにする」、そして、制裁欲求が満たされない人々の「声」になる……。これらはすべてトランプの使った手法そのものだ。ファクトよりもストーリーこそが響く。これは、語れるほどの「ファクト」がほとんどない小池氏にとっては逆に都合がいい。

確かに、経済は数値的には少し上向いているかもしれない。でも、問題は人々に「実感」がないことだ。感覚として、その恩恵を感じることができていない。例え、瞬間風速的に回復したからといって、本質的な「絶望感」や「閉塞感」は変わらない。

そこに小池氏は「希望」という、ふわふわしながらも、感情を喚起するような言葉を持ってきた。希望=Hopeはバラク・オバマ前米大統領もよく演説で使った言葉で、安倍晋三首相も海外向けのスピーチなどで用いていたが、党名にちゃっかり入れるあたりは、小池氏のほうが一枚も二枚も上手なのだ。

小池氏の戦略でもう1つ特徴的なのは「徹底的なビジュアル重視」だ。候補者のビジュアルからロゴのデザイン、そして、立ち上げの際の動画など、視覚や聴覚に訴えるコミュニケーションの訴求力が圧倒的に高いことをよくわかっている。

英語にShow, don't tell という言葉がある。米国の学校で徹底的にたたき込まれるものだが、直訳すると「話すな、見せろ」ということだ。聞き手の頭の中にイメージが湧くような言葉を使え、ということなのだが、たとえば、「驚いた」ではなく「あっと息をのんだ」、「不安そう」ではなく「組んだ手がガタガタと震えている」といったような言葉を使うことで、情景がビビッドに、浮かぶようになる。聞き手の脳に「絵を描き出す」手法だ。

小池氏は徹底的に「わかりやすさ」「見えやすさ」にこだわる。だから、わかりにくい複雑な政策の話などいっさいしない。「電柱の地中化」「五輪のボランティアのユニフォームのデザイン変更」などに、なぜこだわるかと言えば、聞き手が頭の中に絵を描きやすいからだ。

「原発ゼロ」「消費税凍結」など、瞬間的に理解できるアジェンダばかり俎上に上げるのは、人は自分が聞きたいことしか受け入れない生き物であることを知っているからだ。だから、小池氏は支持者が「聴きたいことしか聞かせない」。それは同時に、極端な大衆迎合主義の危険性をはらんでいる。

受けて立つ安倍首相のコミュ力は?

では、小池氏の挑戦を受けて立つ安倍首相のコミュ力はいかなるものか。その政治手法や主義はさておき、伝えようとする意欲という意味においては、実は最近の宰相の中でもとりわけ高い。そういった隠れた努力が、近年まれな長期政権を可能にしてきた一因ではないかと筆者は考えている。「アベノミクス」「三本の矢」「一億総活躍社会」など、その出来はともかくとして、耳目を引き、人の記憶に残るネーミングであったことは事実だ。

その強みは特に、外交の場でのスピーチにおいて発揮される。一昨年4月の米議会でのスピーチなど、国際舞台での場数を踏んできた安倍首相。今年9月にロシアで開かれた東方経済フォーラムでは、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領や韓国の文在寅大統領が、原稿を読み上げるだけの味気ないスピーチだったのに対し、聴衆の琴線に触れる、情感を呼ぶストーリーや、聴衆に呼びかけるシーンなども盛り込み、会場を沸かせた。

同月のニューヨーク証券取引所でのスピーチでは、大リーグのヤンキーズのアーロン・ジャッジ選手の活躍からブルックリンの虹色のベーグルの話まで、身近な話題をたっぷりと盛り込み、最後には、マイケル・ジョーダンの「私は失敗を受け入れる。誰でも何かにつまずく。ただ、私はチャレンジすることをあきらめることはできない」という言葉を引用し、日本経済の再生への決意を力強く語った。こうしたコミュニケーションの陰にあるのは、傑出したスピーチライティングのプロの存在だ。明らかに、「官僚の作文」とは一線を画した内容で、アメリカメディアにもポジティブに取り上げられるほどだった。

安倍氏は場数を経て、2012年の2度目の総理就任時から比べるとはるかに自信に満ち、堂々とした話し方が板についた印象だが、残念ながら、国内においては、そうした側面を生かしきれていない。特に、森友・加計問題に対しての謝罪や説明が十分ではなく、「おごった」イメージに見られてしまったのはマイナスだった。

力強く訴えかける手法は、有事にリーダーシップを見せる場面では有効だが、「守り」に回るべき場面で感情的に怒っているように話すと、「開き直っている」ようにとられてしまう。リーダーは、時に力強く、特にソフトに、そして謙虚に、と「硬軟」を織り交ぜたコミュニケーションが求められるのだ。

コミュ力に対抗するのは、コミュ力でしかない。どの候補者も、どの党も、「詭弁だ」「欺瞞だ」「劇場型だ」と、敵を批判することに終始するのではなく、真に自分たちのメッセージが伝わり、理解されているのかを、きっちりと検証する必要がある。名前を連呼し、ただひたすら「絶叫」するだけの時代では、もうないのだから。