世界一稼ぐTV女優、サランラップ巻いて寝る

写真拡大

フォーブスの「世界で最も稼ぐテレビ女優ランキング」で6年連続首位に輝いたコロンビア出身の女優、ソフィア・ベルガラ(45歳)は、サランラップを巻いて就寝するようだ。

ソフィアは夫のジョー・マンガニエロが不在の際は、ココナッツオイルで全身と髪を滑らかにした後、サランラップを体に巻いて肌に潤いを保ち、筋肉をリラックスさせるのが最高だとUsウィークリー誌に語っている。

「家で時間があるときはマスクをして、ココナッツオイルを髪全体に伸ばすの。ジョーが家にいない時は全身ラップとココナッツオイルだらけよ。大好きなの」

加えてシャワーは必須だとして「浴びないと美しさや清潔感を感じないの。シャワー無しだと私はむくむわ」と続けた。

ABCの人気TVドラマ「モダン・ファミリー」のグロリア・デルガド・プリチェット役でもおなじみのソフィアだが、同ドラマの撮影時には日々のお手入れの習慣を変えるようで、「『モダン・ファミリー』の撮影の日は朝5時起きよ。6時か6時半までにはメイクを完成して、グロリアの衣装を身に付ける。ファンデーションを少しに色つきモイスチャライザーぐらいの通常の日とは違うわ」と明かしている。