容姿、学歴、収入。男のスペックは高ければ高いほど良い。

が、同じだけのスペックを女が持ち合わせたとき、果たしてそれは本当に幸せなのだろうか。

東京にはある一定数、女ながらも男並みの「ハイスペック」に恵まれた層が存在する。

傍から見れば完璧な彼女達には、ハイスペックであるが故の葛藤があった。




「おう高野、お前土曜の夜『キッサコ』居ただろ?」

月曜朝の8時、オフィス内のカフェでコーヒーを注文していると、楓は後ろから先輩に話しかけられた。

「あれ、先輩もいらしてたんですか?1杯だけ寄りましたけど、気付きませんでした、声かけてくださいよ」

「いや、高野が珍しくばっちり化粧してるからデートかなと思って。邪魔しちゃ悪いと思ってさ」

高野楓、24歳。

東京大学を卒業後、新卒で世界最大手の外資系証券会社に入社した、いわゆるバリキャリ女子だ。

ー見られてたんだ、嫌だな……。

口では「声かけてくださいよ」と言いながらも、本心は全く逆だ。

毎日オフィスで顔を合わせている会社の人に、プライベートでも会いたい訳がない。

何より仕事中は、ほぼすっぴんに色気も何もない無難なパンツスーツという恰好で毎日過ごしているだけに、たまに女らしく装っているところを目撃されるのは、何とも居心地が悪い。

とはいえ楓の勤める外資系証券会社では、ほとんどの社員がオフィスから徒歩5分圏内に住んでいるため、会社の外でも近所での遭遇率は非常に高い。

「やめてくださいよー。ご存知の通りその日もおひとりさまでした」

「だよなあ、お前本当男っ気無いもんな。いい加減もうちょっと女子力磨いて男でも作ったほうが良いんじゃないの?」

ー出た「女子力」。余計なお世話です。

心配されずとも別に、女子力が無いわけではない。ただ職場で見せていないだけだ、と楓は心で毒づく。

そもそも「女子力」なんて、ここ外銀という環境では、出した方が損ではないか。


楓はなぜ「女子」でいることを損だと感じたのか?


「女子力」=「本気を出していない証拠」


世間の持つイメージ通り、外銀でのキャリアは楽ではない。

海外チームとのカンファレンスコールが入れば深夜2時だろうが朝4時だろうが起きて対応する。

入社2〜3年目の若手社員でも、20万近い家賃を払って西麻布や広尾、麻布十番に住む者が多いのは、何も別に贅沢や華やかさのためだけではない。

何かあった時に5分でデスクに戻れるように、オフィス至近に住む必要があるからだ。

楓はこの春入社3年目に突入したばかりだが、同期の半分近くは既にこの会社を去っていた。




実は楓は、入社当初は今よりずっと「女子らしく」働いていた。

仕事がいくら忙しくても、きちんとバッチリメイクをして、ロングの髪もきちんと毎朝ブローしていた。

が、ある時言われた一言で気づいてしまったのだ。

女子らしくしている方が、損だと。



入社して半年も経たない頃、楓は背中まであったロングヘアをばっさりベリーショートに切った。

あまりにも仕事が忙しい時期で、髪を乾かす時間が惜しく、シャワーを浴びた後自然乾燥でも問題ないくらいのショートにしてしまおうと思い立ったのだった。

せっかく綺麗に伸ばしてきた髪をばっさり切ってしまうのは寂しかったが、いざ切ってしまえば、あまりの手間のかからなさに、何故もっと早くこうしなかったのかと思う程楽だった。

おかげで毎晩15分長く寝られたし、彼女のくっきりと大きな目にはショートヘアが思いのほか似合っていて、楓は上機嫌だった。

明くる朝、ベリーショートで初めて会社に出勤すると、上司に呼び止められた。

その時発せられた一言が、楓には忘れられない。

「お、高野、ようやく本気になってきたな」

ー…本気?何に?

その瞬間固まってから、ようやく彼の言わんとするところを理解した。

ーそうか、彼は私が今まで仕事に本気じゃないと思っていたのか。

仕事ならそれまでだって全力で取り組んできた。

前の晩がいかに遅くとも、毎朝7時前にはデスクについていたし、忙しい時には栄養ドリンクだけで3食過ごしてでも、やるべき仕事を片付けるようにしてきた。

それでも上司には、私のロングヘアは「本気じゃない」サインとして受け止められていたらしい。

常に全力以上の出力を求められる外銀では、「ゆとりのある働き方」に対する評価は厳しい。

余裕があるならばもっと会社に貢献できるはず、もっと成果を出せるはず、という無言の圧力がのしかかっていることに、楓はその時ようやく気づいた。

以来、楓は会社に一切余計な「女子らしさ」を持ち込まなくなった。


ハイスペック女子が頑張り続けなければいけない理由とは?


頑張り続けてきただけに、負けられない


その日の夜。

楓は西麻布のフレンチ、『コントワール ミサゴ』のカウンターでシャンパンのグラスを傾けていた。

荒れに荒れたプロジェクトがようやく終息し、久しぶりに大学時代の同級生・美里と食事でも行こうとなったのだ。

美里はこの4月から、港区の総合病院で研修医生活をスタートしたばかりだ。

楓と同じくらい多忙な美里には、病院からも徒歩数分のこのレストランはうってつけだろう。

「待たせちゃってごめんー!」

待ち合わせの時間から10分ほど遅れ、美里が駆け込んできた。

「先に飲んでたから全然平気、お疲れ様」

久しぶりの再会にはしゃぎながら、アラカルトからメニューを選ぶ。

楓の方もプロジェクト続きだったが、美里の方も配属された科が忙しすぎて中々予定が合わず、二人で会うのは4か月ぶりだ。

「で、どう、研修医生活は慣れた?」

「もう、ほんっとうに、大変。メンタルも体力もしんどいよーーー」

「だろうねえ。当直に週末出勤、聞いてはいるけど女子には結構体力的にしんどいよね」

男女平等がいくら叫ばれたって、病院も外銀も男が中心で、男の体力とガッツをベースに回っている。

自ら選んだはずの仕事でも、3日連続徹夜に近かった後など、荒れ果てた肌や血走った眼に化粧室の鏡で気づいたときに、本当にこれが自分のやりたかったことなんだろうか、と自問してしまうことは多々あった。

「女子力ある人は女子力で生きてけるんだから、良いよねえ。。。」

今朝先輩に言われたことが蘇る。

確かに、本当に自分に「女子力」があったら、もっと違う人生だったのかもしれない。

デザートのプリンをつつきながら、思わずこぼした。




楓には、苦手とするものがいくつかある。

接待ゴルフ、美的センスを求められるもの全般、当たり障りのない世間話、等々。

が、中でもとりわけ苦手なのは、いわゆる、「にゃんにゃんOL」や「港区女子」だった。

彼女達の「愛されるのが仕事です♡」とでも言わんばかりの生き方を見るにつけ、なぜかいつも苦々しい気持ちになってしまう。

幸せは、努力の先にあるもの。自分の人生の責任は、自分にある。

幼いころからそのような価値観を叩き込まれ、努力し続けてきた楓には、彼女たちの生き方はとても楽そうに見えた。

当然のように人に高いバッグを買ってもらったり、贅沢な食事を奢ってもらったり、彼女たちは不思議なほど軽やかに人生を歩んでいた。

頑張ってきた自分の方が、彼女達より幸せになるはずなんだ。

人に頼らなくたって、港区のど真ん中に住めるし、シャネルのマトラッセやルブタンも買えるし、話題のレストランだって自腹で余裕しゃくしゃくだ。

私は「彼女たち」とは違う。

ーでも本当に、この生き方が自分の幸せなのだろうか……?

その時、背後でドアのベルが開く音がした。

「すみません、ドリンクだけでもいいですか?」

ベルの音につられるように、なんとなく楓が振り返ると、そこに立っていたのは2年前に別れた元彼・敦だった。

そして彼の隣には、小柄でふんわりとした優しそうな雰囲気の女性が、ぴったりと寄り添っていた。

楓が一番毛嫌いしている女の、象徴のような女を連れて。

▶NEXT:10月11日 水曜更新予定
2年ぶりに再会した元彼。彼から見た楓はどんな女性だったのか・・・?