近代的な商業施設が建ち並び、スタイリッシュなレストランが多い丸の内。それとは対照的に、八重洲は日本橋や京橋といった由緒あるエリアが隣接し、代々続く店が多く点在する。

こんな店をも、上手く使ってこそデキる丸の内のビジネスマン!今回は雰囲気も味も抜群な、名店を厳選してご紹介しよう。




路地裏にひっそりと佇む老舗の鰻!
『はし本』

東京駅からすぐの場所ながら、一本細い路地に入ると情緒ある雰囲気が漂う一角。うなぎの老舗『はし本』は、1947年に創業し、戦後まもなく現在の場所に移転。歴史を刻んできた趣ある佇まいで今をゲストを迎えてくれる。

食べ手の口に入る瞬間に最高の状態で提供することを信条に、4代目店主・橋本正平氏が、鹿児島や静岡から厳選するうなぎを、関東風の技法で絶妙な食感に焼き上げる。



うなぎの量によって「い」「ろ」「は」の3種類用意する。写真は、うなぎ1匹半が敷き詰められた「うな重 ろ」¥4,860。石川県産のコシヒカリにもち米をブレンドすることで、タレがバランスよく浸み込む。

「蒲焼の鍵を握るタレは、何十年にもわたって使い続けることに加え、日々良質なうなぎをくぐらせることで旨みが増していきますね」と語る橋本氏。心身ともにパワーチャージできるうな重は、ご褒美感バツグンだ。



焼きながら3回に分けてタレにくぐらせる。甘さと辛さが程良い関東風に仕上げる。





風情あるお座敷は仲間との語らいに最適!
『伊勢廣 京橋本店』

初代が営んでいた鶏肉の小売店がはじまり、1921年創業の焼き鳥店が『伊勢廣 京橋本店』。戦後すぐに建てられた風情ある店舗の2階は20名まで対応可能な座敷。仕事仲間との気軽な集まりにも最適だ。

毎朝、近県から仕入れる新鮮な丸鶏は、美味しさを逃さないよう大ぶりな精肉に串打ちし、近火の強火で一気に焼き上げる。醤油とみりんを等割りしたタレやフレーク状の結晶の塩など、こだわりを貫く。



夜のメニューは3種類のコースのみで、一押しは写真の「焼鳥フルコース」¥6,480。手前右から肝、笹身、合鴨、団子、葱巻などの全9串が堪能できる。

これに加えて、特製鶏スープ、もろきゅう、有機無農薬野菜のミックスベビーリーフが付いた全12品で構成されている。



カウンター内の焼き場には熟練の店長・古田島善雄氏が立つ。美味しそうな煙を上げながら、小気味良いリズムで串を焼いていく。

この串に合わせるのは、選び抜いた日本酒。「大山」「真澄」「鶴齢」(各1合¥1,080)などをそろえ、「お酒は一人3合まで」というルールも粋だ。


宮内庁御用達!老舗の割烹店が登場




宮内庁お抱えの日本料理店
『日本橋 ゆかり』

親子3代にわたって宮内庁への出入りを許された老舗。創業は1935年。板長を務める野永喜三夫氏は、京都の名店『露庵 菊乃井』で研鑽を積んだ後、『日本橋 ゆかり』へ戻り3代目に。

伝統的な技術や創業から使い続ける秘伝のタレを大切にする一方、より多くの方に日本料理の真髄を届けたいと新たな試みにも挑戦している。東京で生産される食材を積極的に取り入れているのもそのひとつだ。



写真は江戸前のキスをはじめ、小肌、赤貝などに美しく包丁仕事を施した「お造り盛り合わせ五種」¥5,400。東京の旬の贅沢と、美しい盛りつけに心躍るお造りは、ぜひ頼んで頂きたい。



創業以来継ぎ足し使い続けている旨みの詰まった煮汁で炊き上げた「ゆかり名物 天然鯛の兜煮」¥6,480〜。



1階は気軽に本格料理を堪能できるカウンターとテーブル、掘り炬燵席(会席¥10,800〜とアラカルト)。階段を下った先には、掘り炬燵式、茶室、広間など趣の異なる4つの個室(会席¥10,800〜)を完備し、最大32名まで対応。




本日発売の月刊誌「東京カレンダー11月号」は一冊丸ごと、丸の内特集!

「丸の内」の裏の顔、すべて見せます!


丸の内の裏側で起こっている人間模様のすべてが、最新号「東京カレンダー11月号」に!

丸の内ビジネスマン、OL必携の一冊!この街の最新情報が分かる、保存版・丸の内パーフェクトバイブルだ!

・丸の内ワーカーのリアルな「夜の過ごし方」
・丸の内の「名店」が超一流である理由
・丸の内「OL図鑑」
・丸の内エリートの「行きつけリスト」

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は9/21(木)!!