2018年花粉飛散傾向予想(ウェザーニューズの発表資料より)

写真拡大

ウェザーニューズは2017年10月3日、2018年花粉シーズンの全国の花粉飛散傾向(スギ・ヒノキ、北海道はシラカバ)を発表した。

全国で平年(2008〜2017年平均)の65%となる予想だ。詳しくはウェザーニュースウェブサイト「第一回花粉飛散傾向2018」(https://weathernews.jp/s/topics/201710/020105/)で公開している。

関東は記録的な日照不足で最大70%減!北海道は多め

ウェザーニューズの発表資料によると、2018年の花粉飛散量は、全国的に平年より少なめになる予想だ。これは2017年夏に、低気圧や前線、冷たい北東風の影響で、東日本や東北太平洋側を中心に雄花の生長には不向きな天候となったためだ。特に、記録的な日照不足となった関東は、東京都で50%、茨城県では28%など、平年の70%減となるところもある。また、全国的に花粉飛散量が多かった2017 年シーズンと比べても、ほとんどの地域で減少する見込みとなっている。やや多くなると予想されるのは、北海道や青森、福岡など。

ただ、風が強い日や雨の翌日は一時的に花粉の飛散が増えることがある。例年、2月以降はしだいに花粉飛散量が増えてくるため、飛散量が平年より少ない予想でも、油断せずに花粉シーズンへの備えが必要だという。