お盆、正月、お彼岸等々、年に数回会うか会わないかという、遠い親戚。「あの人は誰だったか…」、などとヒヤヒヤするシーンを経験したことがある方も多いのではないでしょうか。今回の無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』では著者の真井花さんが、そんな状況を打破できる秘策、「親戚リストの作り方」を紹介しています。

どちらさんでしたっけ?

さて、本日は近くて遠い人たちのお話。

お彼岸はどんな風に過ごしましたか? ご実家に帰省して、今は亡き方の思い出話などされたでしょうか。私は岡山に引っ越してしまってから、お墓詣りにも行けなくなってしまいました。たまには行かなくちゃ。

家族だけでなく親族も集まる席となると、とたんに解らなくなるのが「遠い親戚たちのこと」です。「おばあちゃんのお姉さん」とか「いとこのダンナさん」「オジさんの奥さんの弟さん」とか。もう家系図でも見ながら話さないとゴッチャになりそうですよね。で、実際に会いながら「えーと、あははは、そーですよねえ」などと話を合わせておいて、舞台のソデならぬ廊下のすみっこで母親に「ねえ、誰だっけ?」みたいなハナシになっちゃうんですよ。私だけじゃないよね。

で、無関心が生むビミョーな不理解というこういう状態が親戚付き合いのストレスのモトなんです。で徐々に疎遠になると。まあ、兄姉でさえ他人の始まりとか言うくらいですからねえ。

そこで私も自らを反省し、最近作り始めたものがあるんです。その名も

親戚リスト

…あ、すみません。つまんない名前で( ̄∇ ̄)。

読んで字のごとくなんですが、付き合いのある範囲の親戚を網羅したリストです。コレひとつあれば、どこの誰だかだいたい解るようにしておくんです。ここで注意したいのは、このリストを読むのは「作成者以外の家族」だということです。自分のおじさんのことくらい解りますよね。「あのオジさん、誰?」になるのは、あなたのパートナーや子供たちなんです。だから、作成者以外に解るように書いておかないと役に立たないんですよ。まず、初めに

家系図1枚

を書いておきます。祖父母まで遡って、おじさんおばさん、いとこくらいまで書いてあれば十分でしょう。

で、次のページには1枚を使って1人、多くても2人くらいの情報を書き込みます。まず、名前と住所・連絡先はもちろんですが、それ以外の情報も付け加えておきます。

作成者との続柄配偶者の有無とその名前子供の有無とその名前

ま、これくらいが基本情報でしょう。もっと解るなら

職業や勤務先

でしょう。どんな仕事をしているのかでその人のヒトトナリや人生の軌跡がある程度推測出来るものですからね。そして、オススメなのが

人物評

です。いわゆるヒトトナリが解るものなら何を書いてもいいんです。

酒豪:酔いつぶれないと飲んだ気にならないらしい子供の頃よく遊んだ:ピンポンダッシュを一緒にやって叱られたゴルフが好き。話し始めると止まらないので注意旅行が好きでフランス語が堪能就職のときにお世話になった

などなど。この記録を重宝がるのは、作成者以外の家族なんです。そのためこうしたちょっとしたことが会ったときの話のきっかけになったり、注意できたりするわけです。

そしてもうひとつ、必ず書いて欲しいのは

付き合いの程度

です。

年賀状程度中元・歳暮は欠かさない自分はそうでもないが、姉は親しく付き合っているしょっちゅう電話やラインで連絡を取っている音信不通( ̄∇ ̄)

などなど。頻繁に付き合いのある相手でも、作成者以外の家族にとってはどこに住んでいるのかどんな人なのか解らなかったりするものです。いや、経験上そんなモンです。

書き終わったら、紙ベースに落としておきましょう。パソコン上に保存するだけでもいいんですが、パソコンにアクセスできない家族のメンバーもいるでしょうから、一応は紙ベースになっていた方がいいと思うんです。ちなみに私は、紙ベースに落として家の備付とし、かつコレをスマホで写真に撮って携帯できるようにしておくつもりです。これなら出先でも見られるもんね。

知っているようで知らない親戚たち。一度まとめておくと、自分以外の家族にとっても有用ですよ。

image by: Shutterstock.com

出典元:まぐまぐニュース!