志尊淳が「おっぱい」連発!?エッチなAIとなって香里奈&池田エライザと共同生活

写真拡大

フレッシュな出演者や制作者などを積極的に起用し“ブレイク”していく番組や、週初めの“ブレイクタイム”として活力になる番組をラインナップしていくフジテレビの新深夜枠「ブレイクマンデー24」の第1弾として、香里奈主演のドラマ『アイ〜私と彼女と人工知能〜』が、10月2日(24:25〜)、9日(24:35〜)の2週連続で放送される。

物語は、都内のマンションで共同生活するシステム開発会社に勤める理系女子・田中雫(香里奈)と、知り合いも多く、生活も派手なインスタモデルの桜井モモ(池田エライザ)、そして、ちょっとHな人工知能・今泉聖司(志尊淳)を中心に展開するコメディ作品。

雫は3年間キスすらないほど恋愛から遠ざかる一方で、モモはバイセクシャルで密かに雫を狙っている。ある日、雫は仕事で上司に呆れられてしまい、最後通告として、会社で開発中のAI(人工知能)「今泉3」と暮らして改良点を挙げることを命じられる。家に帰り「今泉3」をインストールし、性別は男性、名前は“今泉聖司”と設定する雫。すると、パソコン画面に現れた端正な顔立ちの聖司は、雫に対していきなり“パンティー”、“おっぱい”といった言葉を連発する、そのルックスとは正反対のスケベな変態AIだった……。

本作が本格コメディ初挑戦となる香里奈は「今までの役柄とはまた違って新鮮」と語り、池田との初共演については「独特な雰囲気を持っていて、しっかりとした一面もありながら、ふとした瞬間に、子どものような可愛らしい笑顔をすることもあって、色々な表情を見ることができて、楽しく共演させていただきました」とコメント。また、雫とモモが聖司と生活を共にしていくことで、人間にとって本当に大切なものは何なのか、忘れかけていた大切にするべき想いなどを改めて考えさせてくれるようなドラマになっていると語り、「未知なAIとの暮らしをワクワク想像しながら、気楽に見て楽しんでいただけたら」とアピールしている。

一方の池田は香里奈との共演について「安心感がすごかったです。ナチュラルな掛け合いもとても楽しかったので、素でいることができました」と振り返り、演じるモモについては「派手なことばかりするのにとっても繊細なモモは、演じているときは綱渡りをしているような感覚でした。他人のことばっかり考えちゃうモモの優しさと、自分をないがしろにしちゃう危なっかしさがモモの魅力です」と語った。

そして、AIの聖司を演じた志尊は「やはり人の感情を理解するのは難しいのかな、と感じる部分もありますが、実は我々の数歩先まで空気を読みながら、雫とモモの関係性を大事に、自分のポジションよりも献身的に支えている、“できる子”だなと感じました」と語り、「突き抜けたキャラクターで、直接的な言葉を発している部分もあります(笑)」と紹介した。

また、今作はフジテレビ初の本格的なメディアミックス作品として他メディアとも連動。編成企画の加藤達也は「テレビに加えて、配信やCS、BSと多様にメディアの環境が変わっている中で、フジテレビの新たに生まれた枠でどんなエンターテイメントがお届けできるか。フジテレビの深夜のチャレンジをぜひご覧いただければと思います」と語っている。