エクササイズ、散歩、歩いて出勤、あるいは家事など、どのような形の運動であれ、毎日30分以上または1週間に2時間半以上行えば、心臓病発症の予防に有効で、死亡リスクが大幅に低下するという。

写真拡大

エクササイズ、散歩、歩いて出勤、あるいは家事など、どのような形の運動であれ、毎日30分以上または1週間に2時間半以上行えば、心臓病発症の予防に有効で、死亡リスクが大幅に低下するという。新華社が伝えた。

カナダや中国の研究者が医学誌「ランセット」上にこのほど発表した最新の研究報告から、上述の事実が明らかになった。

この国際研究は、世界17カ国に住む、年齢が35歳から70歳までの13万人を対象に行われた。その結果、たとえジムに通わなくとも、歩いて出勤する、昼食後に散歩する、家事をするなど、毎日30分以上あるいは1週間に2時間半以上活動すれば、心臓病を発症するリスクが20%、死亡リスクが28%、それぞれ低下することが判明した。早歩きを毎週750分以上続ければ、死亡リスクは36%も低下する。

研究チームのリーダーを務めたカナダのサイモンフレーザー大学のスコット・リア教授は、「ジムでトレーニングをすることも、もちろん良いことだ。だが、歩いて出勤する、食後に散歩する、家事をするなどの運動は、時間や場所の制限を受けないため、より行いやすく続けやすい」と指摘した。

さらに、リア教授は、「野菜や果物をできるだけたくさん採ることや一部の薬を服用するといった心臓病を予防するための方法の中には、世界の貧困人口には実現できないものもある。だが、歩くためにお金はかからず、健康維持にとって大きなメリットがある」と続けた。

WHO(世界保健機関)は、「18歳から64歳の成人は、1週間に最低2時間半以上は運動すべき」と提唱している。だが、リア教授は、「世界人口の4分の1は、このレベルまで達していない」とコメントした。(提供/人民網日本語版・編集KM)