多くのリスペクトを集めるロナウド photo/Getty Images

写真拡大

かつてサンテティエンヌやパリ・サンジェルマンなどで活躍した元フランス代表のズマナ・カマラ氏が、自身のキャリアにおいて最も驚かされたプレイヤーを明かしている。

屈強なCBとして幾多のアタッカーを門前払いにし、2014-15シーズンまでそのキャリアを全うしたカマラ氏。イタリアのインテルやイングランドのリーズといった名門を渡り歩き、ワールドワイドにフットボールを堪能してきた同氏は、仏『Allez Paris』のインタビューに応じると、“衝撃を受けた選手”として2人のストライカーの名前を挙げた。

「今まで見てきた選手で最も驚かされたのは2人いるよ。まずはブラジルのロナウドさ。彼の才能には衝撃を受けたし、フェノメノと呼ばれる理由も分かるね。もう1人はズラタン・イブラヒモビッチかな。彼についてはその能力だけじゃなく、要求の高さや存在そのものに驚いたよ」

1998年からの2シーズンをインテルで過ごし、キャリア晩年はPSGに所属していた同氏は、人間離れしたロナウド・ルイス・ナザリオと、異常な存在感を放つズラタンという2人の偉人と共闘する幸運に恵まれた。彼の指摘する通り、2人のストライカーは他を圧倒するほどのタレントを持ち合わせていたと言えるだろう。