ビットコイン関連ビジネスの基本を整理しよう 取引所とマイニングとは?

写真拡大

 このところ、ビットコイン関連の報道が多い。GMOやDMMによるビットコインのマイニング事業への参入や、サイバーエージェントのビットコイン取引所設立など、ニュースが相次いでいる。しかしマイニング事業や取引所と言われても、ビットコインを保有していない人にはどういう事業なのかよくわからないだろう。ビットコイン関連事業としてよく目にするこの2つについて整理しておこう。

【こちらも】中国、ビットコイン取引所についても規制へ

 取引所は、仮想通貨取引所と言われる。名前のとおり個人と個人がビットコインなどの仮想通貨を取引する場所を提供している。円とビットコインなどの仮想通貨を売り買いしたり、ビットコインと他の仮想通貨を取引したりできる。そのためビットコインの取引所と言っても複数の仮想通貨を扱っている。売買する価格を指定し、より自分に有利な条件で取引を行うこともできる。

 取引所は取引の場所を提供して、手数料を取っている。国内のビットコインの取引所で一番有名だったのは2014年に破綻したマウントゴックスだったが、現在はいくつもの取引所が営業している。大手IT企業が関係しており、セキュリティ面でも資金面でも安定しているところも多い。取引所はそれぞれ特徴があり、売買や送金、入出金などの手数料も異なるので、自分の資産管理計画に合うところを選ぶと良い。どの取引所も、口座はネットで簡単に開設できる。

 取引所によっては販売所も運営している。販売所では、取引所の運営企業が取引相手となり、個人との間でビットコインの売買を行う。「取引所」の場合は個人間での取引となるため、売りたい人が提示した金額に買いたい人が応じないと取引が確定しない。一方で、「販売所」では、運営企業が金額をあらかじめ決めているため、その金額でよければすぐに決済ができる。販売所を利用すれば、取引が素早く行えるというメリットがある一方、金額面では取引所より不利なことが多い。

 「マイニング」とは、自分のマシンをビットコインの取引における承認作業に提供することで、報酬を得ることだ。ビットコインは承認作業が行われないと送金ができない。多くのマシンが承認作業に加わることで、取引の不正を防止し、改ざんを不可能にしているからだ。この作業に協力することで報酬としてビットコインを得ることができる。これがマイニング(採掘)だ。

 マイニングには安定した電力と高性能なマシンが必要で、中国やロシアなどは国家規模でビットコインのマイニングを行っている。大手企業でも新規参入するにはクラウドコンピューティングを駆使したり、専用マシンを開発したりしている。このことは、ビットコインがこれからも安定して値上がりする可能性があることを示しているとも言える。