マンU本拠地“夢の劇場”、拡張計画が判明…英最大級8.8万人収容へ増築か

写真拡大

 マンチェスター・Uの本拠地であるオールド・トラッフォードに、収容人数を拡張する計画が浮上しているようだ。イギリス紙『デイリーメール』が10月3日に報じている。

 報道によると、マンチェスター・Uの関係者がオールド・トラッフォードの収容人数拡張計画を明かしたという。現在、同スタジアムは7万5643名を収容可能だが、メインスタンド(サウススタンド/通称:サー・ボビー・チャールトン・スタンド)を拡張し、約1万2000席を増築することが検討されているという。

 仮に計画が実行された場合、オールド・トラッフォードは約8万8000名を収容可能となる。同紙は、約9万名収容のウェンブリー・スタジアムに肩を並べる、イングランド最大級のスタジアムが完成すると報じている。

“シアター・オブ・ドリームズ”(夢の劇場)との別名を持つオールド・トラッフォード。拡張計画は実現するのか、注目が集まる。