『じゃがりこの日 じゃがりこパーティー』に登場した、足立佳奈と藤田ニコル

 シンガーソングライターの足立佳奈(17)が3日、都内で『じゃがりこの日 じゃがりこパーティー』に登場した。会場にはスペシャルタレントとして、モデルでタレントの藤田ニコル(19)も登場。藤田のTwitterを逐一、チェックする程の大ファンであると言う足立は「藤田ニコルの歌」を披露。<私はにこるんが大好きです>と歌った。

 同イベントは、製菓メーカーのカルビー株式会社が昨年10月23日に、自社のスナック菓子「じゃがりこ」の発売記念日として制定した「じゃがりこの日」を広く知ってもらおうと合計1023人の学生を東京、大阪、福岡、札幌の全国4会場で3日から22日にかけて開催される『じゃがりこパーティー』に無料招待。その東京会場に2人が登場した。

 カルビー株式会社マーケティング本部長の小泉貴紀氏は、SNSでじゃがりこの日を制定して欲しいという声が、多数寄せられたことにより1995年10月23日に新潟エリアで「じゃがりこ サラダ/チーズ」が発売開始された日を「じゃがりこの日」の昨年の制定に至ったとその経緯を説明。

 カルビー株式会社マーケティング本部・素材スナック部長の高橋規文氏は「じゃがりこを愛する人たちに感謝の気持ちを届ける日にしたい」とこの企画の目的を述べた。また、学生限定を招待したことについて、1995年の発売当時、“コギャル”と呼ばれ、流行を発信していた女子高生をターゲット層にしていて、現在でもターゲットは若い世代を主にしていると言う。

「じゃがりこの歌」を披露する足立佳奈

 そして、2017年の「じゃがりこ大使」に任命された現役女子高生の足立が登場。足立は「小さい頃から、兄と取り合いの喧嘩をするくらい、お世話になっているじゃがりこさんの大使として任命されるなんて驚いています」と現在の心境をコメント。10月14日に18歳になる足立。高橋部長から、「じゃがりこサラダオリジナルの巨大リュック」がプレゼントされた。サプライズの演出に足立は目に涙を浮かべながら喜んだ。

 この日は11月22日に発売する2ndシングル「フレーフレーわたし」と「じゃがりこの歌」を会場で生披露。

 そして、じゃがりこ好きだという藤田が登場し、全長5メートルのじゃがりこで作り上げられたじゃがりこタワーの除幕式がおこなわれた。藤田がボタンを押し、姿をあらわにしたタワーに2人は圧倒された様子。

 藤田は「予想以上でした。こんなケーキになっているんですね。あの上にある特大のじゃがりこ食べたいな」とコメント。

 藤田の大ファンだという足立。藤田は「さっき楽屋に挨拶に来て、泣いていましたもん」と足立が感動の涙を流していたことを明かした。

 SNSに上げている15秒ソングで人気を博す足立。藤田の為に、即興で15秒ソングを披露。<私はにこるんが大好きです 何故かと言うと 忙しいのにツイートして そして可愛いこと〜>と歌った。足立は「いつも忙しいのに毎日8回くらいツイートしてるじゃないですか。いつも投稿される度に本当に嬉しくて」と藤田のツイートを楽しみにしていると話す。

 藤田も「ありがとう。めちゃファンじゃん! 嬉しい…ただただ照れますね」と喜んだ。

 じゃがりこ好きの足立。この日は発売されたばかりの新作を試食し、「肉じゃが味」を食べた際には「ご飯が欲しい…」と呟く場面も。もし、新しい「じゃがりこ」の味を開発するとしたら“白米の味”を開発したいと言い、「何かおかず系の味のじゃがりこと、白米味のじゃがりこを合わせて食べるみたいな…」と無類の白米好きであることをアピール。

 「笑顔の作り方〜キムチ〜/ココロハレテ」で、8月にメジャーデビューしたばかりの足立。「どこか歩いていると、ファンの方が待っていたりしていることがあるようになりました」とその変化を実感している様子。

 足立は最後に「10月23日のじゃがりこの日までテンションを上げていき、盛り上げていけたら」と「じゃがりこ大使」としての抱負を述べた。【取材・撮影=松尾模糊】