画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ファミリーマートは8月22日、リニューアルした中華まんを全国の「ファミリーマート」「サークルK」「サンクス」約1万8,000店舗で発売する(一部店舗を除く)。同社にとって「絶対の自信作!」だと言う、新しくなった「ファミマの中華まん」、実際どこが変わったの?

○こだわりは生地にあり

今回のリニューアルでの大きな変化は、中華まんの生地にある。生地のおいしさと香りを向上させるため、従来よりも発酵回数を増やした「熟成発酵生地」を使用したそうだ。

まずは、従来の肉まんと本日発売の「熟成生地の本格肉まん」(130円)を見比べてみよう。サイズ自体は大差ないように見えるが、あれ? 生地の色が違う! 従来の肉まん生地は真っ白に近いのに対し、「熟成生地の本格肉まん」の生地は少し黄色くて、オフホワイトくらい。手に持った感じも、「熟成生地の本格肉まん」の方がズッシリとしていて、重みを感じた。

○早速、食べ比べてみると……

従来の肉まんの生地は、ふわふわと柔らかいイメージだったが、「熟成生地の本格肉まん」はもっちり、しっとりとした食感。中華街で食べるような、本格的な肉まんに近い印象を受けた。

生地自体が以前よりかなりしっかりしたものになっている印象だが、生地に包まれている具材も負けていない。具材も、従来のものに比べて肉比率を上げることで、豚肉の存在感がアップ。よりジューシーな仕上がりになっている。また、同リニューアルで増量されたタケノコの食感もアクセントになり、満足感が得られる一品だ。

○ピザまんのチーズもすごい

同日発売となる「チーズたっぷり熟成生地のピザまん」(130円)も食べてみた。こちらにも、肉まんと同様「熟成発酵生地」を使用している。具材についてだが、まずはこの写真をみてほしい。

チーズがすごーく伸びる! ゴーダチーズとモッツァレラチーズをブレンドしてあり、コクのある味わいに加え、見た目にも分かりやすいトロ〜リ感が楽しめる。また、ダイストマトと旨みのあるポルトガル産トマトペーストを使用することで、しっかりとしたトマトの味も感じ、チーズと合わせて、とても濃厚な味わいに仕上がっている。

また、同社は8月22日〜28日まで、同商品の発売を記念した「中華まん100円セール」を実施する。ファミリーマートが本気で作った自信作、この機会に試してみてはいかがだろうか。

※価格は全て税込