8年間で160万台を販売!アウディの大人気SUV「Q5」が第2世代へ

写真拡大 (全7枚)

アウデイの豊富なラインナップの中でも、最も成功したモデルのひとつといわれる「Q5」が、初のフルモデルチェンジを受けました。

初代モデルは、8年間で累計160万台を販売した人気モデルで、アウディがSUVの主軸モデルに据える車種だけに、今回のモデルチェンジは力の入り具合がとてもよく伝わってきます。

新型は、骨格となるプラットフォームから一新。「A4」にも使われる“MLB evo”と呼ばれるモジュラープラットフォームをベースとし、サイズは大きくなりながらも、車重は従来モデルに比べて60kg軽量化しています。

252馬力を発揮する2リッター“TFSI”エンジンに、デュアルクラッチ式の7速トランスミッション“Sトロニック”を組み合わせ、卓越した運動性能を実現するとともに、燃費も11%削減しているといいますから驚きです。

4WD機構は、4輪にかかるトルクの配分を積極的に制御する“クワトロ”システム。通常はフルタイム4WDで走行しますが、常に走行状況をモニタリングし、4WDが不要と判断すれば前輪のみにトルクを配分。走行抵抗を低減して燃費向上をサポートします。もちろん、路面状況が4輪のトラクションを必要とすれば、瞬時に4WDに切り替わります。

走りを支えるシャーシにも、最新のテクノロジーを投入。新開発の電動パワーステアリングと、前後の5リンク式サスペンションの組み合わせで、正確なハンドリングと乗り心地をハイレベルで両立しています。

オプションで用意される新開発のエアサスペンションを選べば、「lift/offroad」、「allroad」などを含む7種類のセッティングを選択可能で、舗装路からオフロードまでしっかりカバーしています。

安全性能についても、先進技術を採用。歩行者検知機能付き衝突軽減システム“アウディプレセンスシティ”や“アダプティブクルーズコントロール(ACC)”を全車に標準装備。渋滞時に対応する“トラフィックジャムアシスト”も2017年末には導入される予定です。

コックピットに目を向けると、メーターパネルにナビゲーションなどを表示できる“アウディバーチャルコクピット”を新設定。“アウディコネクト”によってネットワークに接続されているので、Webを活用した情報サービスを利用できるほか、クルマがWi-Fiスポットになる機能なども標準装備しています。

また、2017年から始まった“セーフティ&サービス”にも対応しており、事故などの緊急時にSOSを発する“Audi SOSコール”を始め、“Audi オンラインロードサイドアシスタンス”、“Audi メンテナンスリクエスト”、“myCar Manager”など、ネットワークを活用した4つの機能を利用可能です。

そして今回、新型Q5の誕生を記念した限定モデル「1st edition(ファーストエディション)」と、“3.0 TFSIエンジン”を搭載したトップスポーツバージョン「SQ5」も同時に発表されました。

ファーストエディションは、20インチアルミホイールや“S line”仕様のエクステリア、レザーシートなどを装備し、704万円(メタリックカラー仕様は713万円)で限定250台が発売されます。

一方のSQ5は、初代Q5では販売の20%以上を占めた人気モデル。新設計のエンジンは、ツインスクロールタイプのターボを採用し、最高出力354馬力、最大トルク51.0kg-mを発生。さらに、“Bサイクル”と呼ばれるミラーサイクルにターボを組み合わせた独自の燃焼方式を採用することで、燃費も従来比で10%改善しています。

SQ5は、エクステリアにも専用設計のシングルフレームグリルやバンパー、20インチのアルミホイールなどを装備。インテリアも専用のステアリングホイールやステッチの施されたレザーシートなどで、スポーティな雰囲気を強めています。

またスポーツグレードらしく、足回りにはダンピングコントロール機能付きスポーツサスペンションを標準装備。走行速度やハンドルの切り角に応じてレシオを可変制御する“ダイナミックステアリング”もオプションで用意し、スポーティなハンドリング性能を味わえます。

このほかSQ5は、Q5ではオプション扱いとなる“アウディサイドアシスト”や、“アウディプレセンスリヤ”といった先進安全機能も標準装備。価格は887万円です。

(文/増谷茂樹)