10月3日スポルト一面

写真拡大

ジェラール・ピケはスペイン代表の合宿先に到着した際、ブーイングや侮辱的な言動を受けた。
警察は攻撃的なプラカードを撤去し、代表監督のフレン・ロペテギはトレーニングを短縮した。

■バルサは中央政府の弾圧を非難し、今日はカタルーニャの全てのサッカーチームと共にストライキを決行する。

■パウ・ガソル「こんな事態に至る必要があったの?暴力は必要だったの?」

■ラファ・ナダルとリネカーも非難のメッセージ