ラス・ロサスで非難されるピケ

写真拡大

10月1日月曜日にカタルーニャで行われた住民投票に対するFCバルセロナのDFピケの対応を受けて、スペイン代表の初日のトレーニングに足を運んだファンはピケを公に非難している。

約1,000人のファンはピケに対してブーイングをし、「ピケ、クソ野郎!スペインがお前の国だ!」とも叫んでいる。

ピケはカタルーニャの住民投票での警察の対応や治安当局の対応をプロフェッショナルであり被害者は自業自得だと語った政治家を非難していた。

なお、トレーニングは治安当局や兵士によって高圧的なバナーは撤去されたが、監督フレン・ロペテギのもと行われたトレーニングに参加したピケに対する侮辱行為をやめさせることはできなかった。

そして、監督フレン・ロペテギはわずか23分でトレーニング打ち切っている。