「犬は毎日同じご飯で飽きたりしないのかしら?」と疑問に思う飼い主さんも多いのではないでしょうか。もしくは「最近同じご飯に飽きたようでなかなか食べてくれない」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

実際、犬は同じご飯に「飽きる」ということはあるのでしょうか。

犬の味覚細胞は人間の5分の1

一般的には犬のご飯といえば「ドッグフード」を与えることが当たり前になっていると思います。しかし、そこで疑問に思うのが、1日2回もしくは3回のご飯、毎回、毎日同じものを食べて飽きないのか?という点ではないでしょうか。

そのため手作り食を増やしたり、ドッグフードの種類を変えたりする飼い主さんも多いようです。また「同じご飯をあげても食べないから飽きているのだ」と言う方もいます。

しかし、結論から言うと『犬は同じご飯を食べても飽きません』。

食べ物の味を感じるのは舌にある味覚細胞です。人間はこの細胞が発達しているため「旨味」を感じることができるといわれています。しかし犬は人間と比較するとこの味覚細胞が5分の1程しかないといわれています。つまり、人間の5分の1程度しか味を感じないのです。その分、嗅覚が優れているという点も犬の特徴です。

犬の味覚では「甘味」「酸味」「苦味」といった味覚はありますが、それは味を楽しむためではなく、腐っていないか、食べることができるものなのかといった判断のために使われます。

犬には食事に対して味を楽しむという感覚はなく、あくまでも食べ物は食べ物でしかありません。そのため毎日同じ味のドッグフードだからといって、飽きるということは基本的にはないのです。

なぜ飽きたように見えるのか

犬には味を楽しむという感覚は基本的にありません。しかし、同じご飯を与えても食べない、飽きたように見える。という方もいらっしゃるのではないでしょうか。いったい、どうして飽きたように見えるのでしょうか。

間食の与えすぎ

一番大きな原因は「間食が多い」ことです。犬は旨味は感じませんが、甘味や濃い味を好む傾向があります。そのためドッグフード以外の味の濃い間食を与えている場合、薄味のシンプルなドッグフードは食べなくなってしまいます。

また、ドッグフードを食べない代わりに間食を与えてしまった場合、犬は「ドッグフードを食べなければ、美味しいものもらえる」のだと考えてしまい、更にドッグフードを食べなくなります。しかし、間食は決してドッグフードの代わりにはなりません。

手作り食が合わない

犬は雑食だと考えられていますが、実際には「準雑食」と呼ばれ消化器官は他の雑食動物、草食動物に比べると短く作られています。そのため植物性の食べ物は消化吸収がされづらいといわれています。

こういった身体の作りから、健康を考えて飼い主が作った野菜たっぷりの手作り食が合わない、ということがあります。特に体調が悪い時は、犬も本能でこういった手作り食を食べないといったことがあるようです。そういう時は無理に手作りはせずにウェットタイプのドッグフードなどを与えるようにしてあげましょう。ドッグフードは栄養バランスを考えて作られているため、栄養が足りない、多すぎるといったことは基本的にはありません。

食べないときの対処方法

犬がご飯を食べない時は、そのほとんどが「飽きた」わけではなく、「もっとおいしい間食の方を食べたい」といった理由です。そうはいっても犬の健康のためにも栄養バランスが優れ、主食となるドッグフードを食べさせなければなりません。どうやって食べさせることができるのでしょうか。

ニオイを強める

犬は味覚よりも嗅覚の方が優れています。そのためいつものドッグフードでも温めることでそのニオイを強めると関心を持ちます。温かい食事を与えることが目的ではなく、ニオイを強めることが目的のため、レンジやドライヤーを使って温度は人肌程度にしましょう。

トッピングをしてみる

ドッグフードに犬が好むような鶏ささみや馬肉などを混ぜます。食べるようになってきたら、トッピングの量を減らしてください。最終的にはドッグフードだけでも食べるようになります。

時間内に食べなければ片付ける

犬がいつまでもドッグフードを食べずに食べ物で遊んでいることがあります。こういった場合は時間を決めて、その時間内に食べなければ余っていても片付けるようにしましょう。食べ物は決められた時間に食べるものだと教えることで、犬もくいっぱぐれがないように出されたものを食べるようになります。

また、ご飯を余らせた場合や、犬の催促に従って間食を与えないようにしてください。食べることが犬のペースになってしまうことと、ご飯を食べなければ間食がもらえると学習してしまいます。

まとめ

犬が飽きたように見えてドッグフードをしょっちゅう変えてしまうと、体調不良で食べないのか、単に味の問題で食べないのかの判断が付きづらくなります。飼い主さんが犬の健康状態を把握するためにも、基本的には同じドッグフードを決められた量、決められた時間に与えるようにしてくださいね。