松山英樹、ジャスティン・トーマス【写真:Getty Images】

写真拡大

“神アプローチ”松山がトーマスと再戦決定…地元誌「ファンに興奮の爆発もたらした」

 海外男子ゴルフのプレジデンツカップ最終日で宿敵ジャスティン・トーマス(米国)とのマッチプレーを制し、シーズンラストを飾った松山英樹(レクサス)。大会では木をすり抜ける“神アプローチ”で話題を呼んだが、新シーズン初戦となる12日開幕のCIMBクラシック(マレーシア)の参戦は、現地メディアも大注目。「ゴルフファンに興奮の爆発をもたらしている」と報じている。

 勢いそのままに新シーズンに乗り込む。松山はプレジデンツカップ最終日の6番パー4で、ラフから巨大な木をすり抜ける神懸かり的なアプローチでバーディーを奪い、トーマスを逆転。実況は「おいおい、なんてショットだ!」と大興奮し、米メディアからマッチプレー戦のベストショットの一つに選出されるなど、話題を呼んだ。

 全米プロゴルフ選手権で逆転優勝を許した宿敵を撃破し、最高の形でシーズンを終えたが、早くも始まる新シーズンに注目が高まっている。

 マレーシアのゴルフ専門誌「パーゴルフ」は「マツヤマ、CIMBクラシック参戦」と見出しを打って特集し、出場予定のトーマスとの再戦実現を歓迎している。記事では世界ランクトップ5以内の選手が2人出場するのは大会初と紹介し、こうつづっている。

「現在、2連覇中の世界ランク4位ジャスティン・トーマスのタイトル防衛は早い段階で既定路線とされていた中、マツヤマの5大会連続となる参戦決定はゴルフファンに興奮の爆発をもたらしている」

大会最高責任者も最大級の歓迎「スターの競演は壮大な盛り上がり巻き起こす」

 松山の参戦は現地のゴルフファンに極上の喜びを与えているようだ。

 さらに、昨シーズンの躍進ぶりを伝えた上で「今や世界のステージでトップパフォーマーの1人となった」と記述。昨年は2位に敗れたが、当時優勝を飾ったトーマスとの再戦に大きな注目を寄せている。

 記事では、大会の最高責任者のコメントを紹介。最大級の歓迎の姿勢を示した。

「ゴルフファンは皆、ヒデキは真のワールドクラスとして扱っている。TPCクアラルンプールでは強烈な印象を残す記録を叩き出した。彼がジャスティン・トーマスの3連覇を阻止する存在となれば、それはとても面白いことだ。大会初となる世界トップ5に立つ2人のスターの競演は、壮大な盛り上がりを巻き起こすことだろう」

 早くも新シーズンに向け、熱視線を集めている日本の25歳。熱狂が予想される中、どんな初戦を演じるのか。現地のファンも高い期待をもって待っている。