3日、中国メディアの観察者網によると、米アップルの新型スマートフォン「iPhone 8 Plus」のバッテリー膨張事件が、日本や台湾に次いで香港でも報告された。資料写真。

写真拡大

2017年10月3日、中国メディアの観察者網によると、米アップルの新型スマートフォン「iPhone 8 Plus」のバッテリー膨張事件が、日本や台湾に次いで香港でも報告された。

記事は、2日付の香港メディア・流動日報の報道を引用し、香港のユーザーが購入してから6日目にバッテリーが膨張してパネルが筐体(きょうたい)から剥がれる問題が発生したと伝えた。このユーザーは沙田のアップルストアに問題を報告し、新しい端末と交換してもらったが、アップルは原因について説明しなかったという。

記事によると、アジアでこの問題が報告されたのは、台湾と日本に次いで3例目だ。台湾の女性ユーザーは購入してから3日目にバッテリーが膨張してパネルが筐体から剥がれ、日本のユーザーは届いたiPhone 8 Plusの箱を開けたらすでに膨らんでいたという。(翻訳・編集/柳川)