どの部屋でもテレビが見たい!を叶える「プライベート・ビエラ」登場

写真拡大 (全6枚)

チューナー部とモニター部がセットになっていることで、チューナー部にアンテナ線をつなぐと、家中どこでも好きな場所でテレビ放送などを楽しめるパナソニックのテレビ「プライベート・ビエラ」。この度、「プライベート・ビエラ」の新製品「UN-19Z1」が発売されることになりました。

これまでの「プライベート・ビエラ」との違いは、スピーカー部が追加されたこと。スピーカーにはサブウーハー内蔵の2.1ch高音質ユニットを搭載しているので、映像だけでなく迫力ある音も楽しめます。モニター部は19V型ディスプレイで、自室や書斎など、プライベートな空間ならではの近い距離で迫力ある映像を体感できます。

▲モニター部をスピーカー部にドッキングすることで、迫力の映像と音を体感できるように

さらに、地上デジタル/BS/110度CS放送や録画番組、ブルーレイディスク/DVDに加え、インターネット動画配信サービス/ラジオ番組にも対応しているので、「UN-19Z1」一台で幅広いコンテンツを楽しめます。Bluetoothスピーカーとしても使用できるので、音楽を楽しむためだけにスピーカーを用意しなくても良いのもうれしいポイントです。

でも、コンセントがないと使えないでしょ?と思ったアナタ、ご安心ください。モニター部にはバッテリーを内蔵しているので、スピーカー部から取り外しても、電源が取りにくい場所での視聴が可能です。スピーカー部にモニター部をドッキングすれば、スピーカー部を経由してモニター部の充電も可能です。

他にも、音声操作に対応しているので、モニター部だけを移動させても問題なし。スマホやタブレットに無料の専用アプリ「Panasonic Media Access」をダウンロードすれば「外からどこでもスマホで視聴」にも対応可能です。内蔵・外付けUSBハードディスクに録画した番組を「番組持ち出し」したり、リアルタイム放送も外出先でストリーミング再生できます。

スピーカー部とモニター部を一緒に使用している時は、コンテンツに最適な音質モードが選べるのも見逃せません。スピーカー部が追加されたことで、これまで以上に充実した映像体験を可能とする「ひとり贅沢」を実現してくれる「UN-19Z1」。発売日は10月20日。価格はオープンプライスで、市場想定価格は10万円前後です。

>> パナソニック「プライベート・ビエラ UN-19Z1」

 

(文/&GP編集部)