画像提供:マイナビニュース

写真拡大

泉北高速鉄道は2日から、泉ケ丘駅前の大阪府立大型児童館「ビッグバン」のキャラクターたちをデザインしたラッピング電車「フロンティア号」の運行を開始した。

「フロンティア号」は7000系1編成(6両編成)で運行され、先頭部は宇宙をテーマに青色を基調としたデザイン。中間部は「ビッグバン」のシミュレーションシアターに登場する時空飛行船「フロンティア号」をイメージしたデザインで、同館の名誉館長を務める松本零士氏がデザインした「フロンティア号」クルーなどのキャラクターを描いた。泉北高速鉄道線と南海電鉄高野線で運行される。

これに先立ち、「ビッグバン」のキャラクターを車体に描き、1999年から運行していた5000系「ハッピーベアル」は10月1日をもって運行終了した。10月7日に泉北高速鉄道光明池車庫で開催される「せんぼくトレインフェスタ2017」会場では、「フロンティア号」と「ハッピーベアル」がともに展示される予定だ。