「ようこそJリーグへ、ようこそ日本へ」 神戸ポドルスキ、世界600万人以上にアピール

写真拡大

自身のSNSに写真をアップ、メッセージを添えてJリーグと日本をアピール

 J1ヴィッセル神戸に所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが、自ら広告塔的な役割を果たし、日本サッカーのみならず、「JAPAN」の存在を世界にアピールしている。

 自身のSNSで写真とともにメッセージを発信した。

 9月30日のJ1リーグ第28節、敵地アルビレックス新潟戦に先発出場したポドルスキは、1-0で迎えた後半43分にドリブル突破から強烈な弾道のシュートをゴール右隅に突き刺した。第24節のジュビロ磐田戦(1-2)以来、4試合ぶりとなるリーグ戦今季4ゴール目。緩急自在のドリブルで相手守備網を切り裂いた一撃で2-0勝利に貢献し、チームも4戦負けなし(3勝1分)と好調をキープしている。

 そんななか、ポドルスキは自身の公式ツイッターとインスタグラムに1点の写真をアップした。上下ともに神戸の公式ユニフォームに身を包み、スパイクも着用。本拠地ノエビアスタジアム神戸のスタンド席からピッチをバックに撮影し、サッカーボールやスタジアム、ハートの絵文字とともに次のメッセージを添えた。

「Welcome to the J-League, welcome to Japan ! #poldi #japan #kobe」

 日本での生活を満喫している感が伝わるメッセージを残したポドルスキ。ツイッターは350万人以上、インスタグラムは320万人のフォロワーを抱えるなか、「ようこそJリーグへ、ようこそ日本へ!」とJリーグと日本の存在を世界に向けて発信している。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【写真】ポドルスキ公式ツイッターに投稿、「ようこそJリーグへ、ようこそ日本へ!」で世界に発信

https://twitter.com/Podolski10/status/915130809320738816

ポドルスキ公式ツイッターに投稿、「ようこそJリーグへ、ようこそ日本へ!」で世界に発信